~えびかにの泥沼キャンプブログ~【in広島】

2018/10/7開設 溺愛する3歳の息子と人に優しく私に厳しいヨメとの3人家族です。キャンプを中心に日々の出来事等を綴って行きたいと思いますので宜しくお願い致します。

【備北丘陵公園】備北オートビレッジキャンプ場〈前編〉中国地方五つ星認定キャンプ場 2019/3/21~23

こんにちは、えびかにです。

今回は初の2泊3日で広島県庄原市にある備北オートビレッジへ行って来た。

ここは日本オートキャンプ協会(JAC)より中国地方唯一の五つ星認定を貰っている高規格キャンプ場だ。

【日時】
2019/3/21(木)~3/23(土)

【名称】
備北オートビレッジ

【場所】
広島県庄原市上原町1300

【時間】
営業期間/ 3〜12月(月曜定休日)

チェックイン/ 14:00~18:00 

チェックアウト/ 8:00〜12:00

ゲート開閉時間/ 7:00〜21:30 


【利用料金】
施設維持費:大人310円 小中学生60円

入園料:大人450円 小中学生無料

一般カーサイト:1泊/¥3,090

フリーサイト:1泊/¥1,540

キャンピングカーサイト:1泊/¥4,110


【お問い合わせ】
TEL.0824-72-8800





1ヶ月以上前に予約して、毎日天気予報とにらめっこしながら迎えた当日の朝の天気はこの通りだ。
f:id:h-k-d:20190323201050j:plain
「あれだけ晴れてくれとお願いしたのに、クソっ!」
と悪態をついてしまったのが神様の逆鱗に触れたようで、キャンプ場へ近づくにつれて、どんどん酷くなって行く。地面もドロドロになり、もうかすり傷では済まないくらいの状態になってしまった。


私の前世は恐らく
懲役200年くらいの大罪人だったのだろう
と思うしかこの仕打ちの理由が見当たらない。
f:id:h-k-d:20190323201110j:plain


途中で食材を調達して、近くのラーメン屋で昼食を取り、キャンプ場についたのは丁度お昼頃となり、その頃にはあわれに思った神様の粋な計らいにより、雨もあがっていた。

f:id:h-k-d:20190323201150j:plain


ここは備北丘陵公園と備北オートビレッジという2つの場所に分かれており、園内で繋がっているのだが先に公園に入ってしまうと入場料が2回かかってしまうので注意が必要だ。(レシートがあれば払い戻しもあり)


事前に郵送で来た予約案内に、入場する為の暗証番号が記載してあるのでそれを入力して場内の管理棟へ向かい、場内を自由に行き来出来るカードを貰った。
f:id:h-k-d:20190324001302j:plain

この備北丘陵公園は、延べ面積340ヘクタール、東京ドーム72個分の異常とも言える広さが売りとなっており、四季折々の草花や、遊具、アスレチック等があり、1日ではとても遊びきれない程の公園である。

f:id:h-k-d:20190324001325j:plain


キャンプ場のチェックインは14:00からなので公園内を散策する事にした。

ひばの里という古民家が立ち並ぶエリアへ行ってみると、ここはわら細工や蕎麦打ち等の体験が出来るようだ。
f:id:h-k-d:20190324001457j:plain



しかし、少年にはそれらの体験はまだ無理なので、昔のおもちゃ体験という所で輪回しをやり、大はしゃぎしてコケて最終的にいつも通り泣いた。
f:id:h-k-d:20190325075351j:plain



連日暖かかった事もあり、桜が少しだけ咲いていた。
f:id:h-k-d:20190324001518j:plain



屋内にも少し遊べる場所があり、ダンボールの迷路や遊具等が、子供達に大人気となっている。
f:id:h-k-d:20190324011012j:plain
f:id:h-k-d:20190324011028j:plain

そんな事をしていると14:00になったので、チェックインを済ます為に再度管理棟まで行き、ファイルに入った利用規約とサイトの番号が書いてある札をもらった。


今回借りたサイトはA-21で炊事棟の目の前だ。というか、炊事棟を囲む様にサイトがある為、全てのサイトから炊事棟が近いので大変使い勝手が良い。
f:id:h-k-d:20190325103104j:plain


炊事棟
f:id:h-k-d:20190324011213j:plain


オートサイトなので流しは付いているが、洗い場はお湯も出るので冬はとても助かる。
f:id:h-k-d:20190324011139j:plain


洗面所は大きな鏡が付いていて蛇口が3個+子供用が1個。
f:id:h-k-d:20190324011250j:plain


焚火をする時は地面を保護する為に、このブロックを敷いて焚火台を乗せる事が義務付けられている。
f:id:h-k-d:20190324011316j:plain


この日は祭日だが次の日が平日の為、全部で3組だけだった。私の両隣に1つ開けて3人家族と5人家族がいたのでひとまずご挨拶。


早速テントの設営を始めたのだが、その時思いもよらない事が!

なんと毎回設営時にジャマばかりする少年が、何も言ってないのになんと自主的に薪を集めだした。
f:id:h-k-d:20190325142212j:plain



どうやら前回、三倉岳に行った時に一緒に薪拾いをしたのを覚えていたようだ。
www.ebikani.co


ちょっとパパは息子の成長に感動してこの薪は燃やせないぞ⁉
f:id:h-k-d:20190325142251j:plain




そして設営完了。オートサイトは初めてなのだが、車がずっと横付け出来るというのはかなりのメリットがある。

テントの入っていた袋や余分に持って来ている物を全て車に放り込んでおいて必要な時だけ取り出せば良いのでテント内がスッキリするのと、薪等の結露したくない物も車の中に入れておけば安心だ。

さらに撤収の時も少しづつゆっくり積み込みが出来るので綺麗に積み込む事が出来た。
f:id:h-k-d:20190325143327j:plain


そしてここから薪割&夕飯の準備タイム。

少年は先程の5人家族の息子さん3人と遊びに行ってしまったが、広々としている為、危険な場所はなくみんな元気いっぱい遊ぶことが出来たようだ。
f:id:h-k-d:20190325143403j:plain


今日の晩御飯はカレーにしようしていたのだが、ずっと前から気になっていた無水カレーなる物が作りたく、チャレンジする事にした。

今回参考にさせて頂いたのはこちらの記事。
www.osrcamp.com


今回は鶏のもも肉を使い塩コショウで炒める。
f:id:h-k-d:20190325143451j:plain


玉ねぎを炒めたらじゃがいもと人参を入れて、最後にトマトを丸ごと放り込んだ。
f:id:h-k-d:20190325143508:plain


そして先程炒めた鶏肉も入れて、只々煮込む。

オイルサーディンをつまみながら、炭火でとにかく煮込む。
f:id:h-k-d:20190325143418j:plain


頃合いを見て、カレールーを投入しさらに煮込んでいき、三本目のビールにさしかかった所で

無水カレーの完成!
f:id:h-k-d:20190325143536j:plain


さらに家のホームベーカリーで作って来たナンの生地をダッチオーブンフタの二刀流で焼く。
f:id:h-k-d:20190325143552j:plain


ウマい!!!

いや、これもうアレですね。二日目の奴ですね。
こんな短時間で二日目の奴にお目にかかれるとは!1日得した気分だ。

美味しいカレーを堪能した後は少年は疲れてあっという間に夢の中へ・・


f:id:h-k-d:20190326100314j:plain




それからお楽しみの焚火タイム。
遠くから我が家のサイトを見ながら自己満足に浸ったりしながら夜は更けていった。
f:id:h-k-d:20190325143620j:plain


今回は100均のセリアで買ったコイツがいい味を出してくれた。昼間は子供たちもこれを持って走り回り、大喜びだった。

ちょっと顔が半分ちぎれちゃったけどね。。
f:id:h-k-d:20190325143630j:plain


外の気温は8℃くらいだったが幕内はとみ子(トヨトミレインボー)のお陰でこの温度。
f:id:h-k-d:20190325143656j:plain

10:00から静粛時間の為、とみ子を消して就寝。
あっという間に1日目の夜は終わった。


つづく。

www.ebikani.co
www.ebikani.co