【後編】みかん狩りと絶景の和風キャンプ場 IN蒲刈島 梶が浜 キャンプ場 2018/11/24~2018/11/25

スポンサーリンク

2日目

朝目が覚めたのは6時過ぎだった。ヨメも少年も同じくらいに起きて外を見るとまだ日の出前だ。

 

肌寒いひんやりとした空気の中、ランタンに火を灯す。

波打際に寄せる波の音が聞こえる中、シューっという心地よい音が鳴り響く。

 

焚火で暖をとり、朝ごはんの準備を進めていると朝日が昇ってきた。

 

綺麗な朝日を見ながら、波の音に耳を傾けながら耳を澄ましていると・・

少年
少年

パパ!公園で遊ぼ!!!

う、うん。いいよ···いいけどキミまだ7時だぞ?

こんなに朝早く、尻をぷりぷりさせながら公園で遊ぶ子供はこのキャンプ場にはいない。

というか遊具には人っ子一人いない。

完全に貸し切り状態である。

  

そして朝7時からハンバーガーと言う名のデカい石を売り付けられる、昨日と同じルーティンだ。

こんなステキな商売を閃いたキミは天才だと思うよ。うん。

 

公園から戻ったら朝ごはんのパンとポタージュスープ。

 

それだけでは物足りず、ドン引きするヨメの視線を浴びながら朝からスーパーカップをペロリ。

当然少年も見逃す訳がなく1/4は取られた所を見るとやはり食い意地はどう見ても私の遺伝である。

 

朝ごはんを食べた後テントの撤収作業にかかったのだが、ここは防波堤が丁度良くテントを干せる仕様になっている。

さらに今干している防波堤の向こうは木で出来たボードウォークがあり、砂が殆ど着かずに畳むことができるのでありがたい。

  

テント等を大体片づけた後、少年と松の落ち葉を拾って綱引き。

これは接待が出来ず真剣勝負で盛り上がった!

 

スポンサーリンク

こんな所にキレイな貝殻があるなんて

片付けをしながら少年の相手をしていると、突然少年が何やら鼻が痛いと言い出した。

特に転んだりだとか何処かで打った様子もなかったはずだ。

何もなく今まで楽しそうにしていたのだが、突然の事に慌てて鼻の中を覗いてみると・・・

鼻の中にキラキラ光るキレイな貝殻を見つけたのである。

朝から少年の鼻の中で、こんなステキな貝殻に出会えるなんてラッキーな事が起きそうな気がする。(わけがない)

わが子ながらアホすぎる・・・いつの間にか拾った貝殻をふざけて鼻に突っ込んだ様だ。

しかし、これが困ったことに中々取れない。指でつまもうとしても少年の鼻の穴は私の小指より小さい為、つまもうとしてもどうやっても二本の指は入らない。割りばしでもつまめそうにない。

無理にやるとさらに奥に行く可能性がある上に貝殻の端は鋭利なので無理に動かすと鼻の中が切れてしまう。

最終的に片方の鼻を押さえて鼻水をかむようにしたら少しづつ出てきて、なんとかレスキュー成功。

 

その後、当然今やってしまった事を反省させなければならないのだが、

あぶないからもうやっちゃダメよ!

と言っても中々首を縦に振らない。

少年
少年

もうしません。ごめんなさい。

のキーワードを少年の口から引き出したいのだが、普段から甘やかしすぎているのでなかなか謝らない。

 

仕方なくそのキーワードを促そうとこちらから

ママに鼻の穴に貝殻を入れてごめんなさい。って言いなさい。

と言おうとしたのだが、ふと冷静に考えると、

鼻の穴に貝殻を入れてごめんなさい。ってなんだ???

こんな謝り方した事もないし聞いた事もない。この怒られている空気の中でのこのセリフが可笑しすぎてまともに言えない。

ママに鼻の穴にかいが・・ぶはっっ!

と笑いが堪えきれずにセリフが最後まで言えない。

何度挑戦してもマジメな顔をして最後まで言い切る事が出来ないふがいない父親のせいで、きちんと謝ることが出来ずに結局最後は無理矢理小さな声で

少年
少年

ごめんなさい・・

と言わすのが精一杯であった。

幸い鼻の中は傷つかず、少年は何事もなかったようにいつも通り自転車(ストライダー)に乗って遠くの方へすっ飛んで行ってしまった。

そんなトラブルもありながら片づけているとあっという間にお昼前になった為、乾いたテントを畳み、楽しかったキャンプは終わりを告げたのであった。

スポンサーリンク

まとめ

ここのキャンプ場はヨメも私もロケーションに大変満足し、恐らく来年の夏くらいに浮輪を持ってリピート確定となりそうです。

ただ一つ残念なのは、このキャンプ場の海水浴場はキャンプ禁止となっていうにも関わらず、数組の方がテントを張ってキャンプをしていた事でした。

 

ごらんの通りキャンプをしてはいけない事がハッキリと海水浴場の看板にも明記しています。

 

看板をうっかり見落としてしまったおっちょこちょいな貴方もご安心を。

海水浴場内の松の木のいたる所に注意書きの看板があるので一泊二日もすれば、気づかない事はありません。

にもかかわらず、それなりの装備を整えたファミリーキャンパーがいたり、『いっぱいだったから海水浴場に張りました!』等とソロキャンパーの方がツイッターに上げたりしていたのを見ていて悲しくなりました。

あまりマナーに対して他人に口出しするつもりはありませんが、禁止事項くらいはせめて守りましょうね~。

以上、えびかにでした。

コメント

  1. itsutsuki より:

    次の日もハンバーガーを売りつけられたという所で思わず笑ってしまいました!
    更に鼻に貝殻って…!

  2. h-k-d より:

    >itsutsukiさん コメントありがとうございます。いやぁうちの少年は本当にアホな事ばっかりするんですよ。。将来が不安です(笑)

タイトルとURLをコピーしました