【竜王山公園オートキャンプ場】③ キャンプあるある?最終日は本当に帰りたくなくてちょっとブルーになるよね 2019/11/2~4

スポンサーリンク

f:id:h-k-d:20200112224402j:plain

こんにちはえびかにです。

思いの他長くなってしまったキャンプレポその③です。

前回までの記事はこちら。
www.ebikani.co
www.ebikani.co

二日目

朝ご飯を食べた後は車で40km程下関方面へ走り、到着した場所は今回の旅キャンプのメインといっても過言ではない

唐戸市場。



f:id:h-k-d:20191217074034j:plain

十年ぶりぐらいに来たのだが、以前より人が少ないような気がする。

ヨメは今回初めて来たのでテンションは

MAX!!!



場内をうろうろしながらどこの店で買おうかと悩んでいる内にどんどん人が増えて来て焦る。

悩んだ時は行列の出来る所に並んでおけば間違いない。

という日本人特有の理論で慌てて一番並んでいる店の列に並んだ。


ここはビュッフェ形式で列に並ぶと入れ物を渡されて好きなお寿司を自分で取って行くスタイルである。


背後からのヨメのあまり高い物を買うなビームに背中を焼かれながら、次にいつ訪れるかわからない千載一遇のチャンスを逃すまいと大トロ、中トロ、ネギトロ、サーモントロと基本トロ中心に攻める。


先日の健康診断で

えびかにさんの尿酸値9.2は高いので今後の食生活に気を付けて下さい。

と言われたような気がするが、気のせいだったか何かの間違いだと思う。

f:id:h-k-d:20191217074150j:plain


ヨメと少年の選んだ寿司はこちら。

生魚が食べれない少年はエビとタマゴとふぐバーガーでご満悦だ。

f:id:h-k-d:20191217074136j:plain




その後は杉養蜂園という美味しそうな店を発見。
f:id:h-k-d:20191217074215j:plain


普段であれば惣菜コーナーの前で398円のコロッケ弁当にするか298円ののり弁にするか5分は悩む所だが、この日は大枚をはたいて迷わずはちみつソフト(青リンゴ)360円を選択。


この男らしい英断に少年からキラキラとした尊敬の眼差しを浴びてちょっといい気持になる。
父親の威厳というのはこういう所で少しづつ積み重ねて行く物なのだろう。

f:id:h-k-d:20191217074228j:plain



程よくカロリーを摂取し、キャンプ場へ戻る途中できらり交流館という温泉施設へ寄った。

ここはキャンプ場から車で5分もかからない場所にあるのだが、一度キャンプ場に帰ってからまた出るのはめんどくさい大変なので、帰りに寄ろうという事になった。


f:id:h-k-d:20191217074253j:plain


露天風呂からは海岸が見え、遠くに九州が見える。

男二人で裸の付き合いをしながら、先程のソフトクリームはパパのお小遣いで買ったんだぞ!と念を押しておいた。

こういう事の積み重ねがお父さんが嫌われてしまう原因を作り出しているのは薄々感づいている。

f:id:h-k-d:20191217102832j:plain


キャンプ場に戻った後は、チーズとウインナーで久々の燻製を作る。

久々すぎて、チーズの下にアルミホイルを敷き忘れるという失態を犯し、後で大変な事になる事をこの時は気づいていない。

f:id:h-k-d:20191217074336j:plain



香ばしい匂いと色がビールの進みを後押しする。

f:id:h-k-d:20191217074346j:plain




晩御飯はこの時の為にずっと家の冷蔵庫でスタンバイしていたチーズフォンデュの出番だ。

f:id:h-k-d:20191217074359j:plain


だが、たまたま同じ日の、同じ時間に、同じ食べ物を食したツイッターのフォロワーさんがアップした写真を見て同じ食べ物とは到底思えなく、愕然としてしまった。

改めて比べてみると私のはオシャレキャンプとは程遠く、どちらかと言うと野外活動と言った方がしっくりくる。

※このお方、かなりトリッキーなツイート(褒め言葉)をするので必見ですw



だが、ここで負ける訳にはいかない。(何の勝負だ?)

実は先程帰り道のスーパーで山口県の郷土料理である瓦そばを買って来ていたのだ。これで巻き返しを図る。
f:id:h-k-d:20191217074405j:plain]




ユニフレームのエンボス鉄板で少しカリカリになるまで焼いた後に豚肉と卵をトッピング。

これは本当に美味しかった。

f:id:h-k-d:20191217074413j:plain



晩御飯を食べ終わり、夜も更けて来た所で恒例のトランプ大会が始まった。

結構ガチでやったのだが、大接戦の末に少年が優勝!もう本当に記憶力では勝てる自信がなくなって来た。

f:id:h-k-d:20191217074653j:plain



少年を寝かしつけた後はヨメと焚火タイム。

しかし消灯時間は22:00にも関わらす、21:30には睡魔に襲われて逃げる様にテントの中へ。

三日目

最終日は生憎の曇り空。

昨日不完全燃焼だった焚火のリベンジとばかりに朝から焚火で暖を取る。

スクランブルエッグとウインナーを焼き、ホットサンドでのんびり朝食を取りながら

『今日で最終日か・・キャンプ行きたいな。。』

とキャンプ中にも関わらずキャンプロスになるという訳の分からない状態に。

f:id:h-k-d:20191220073111j:plain



昨日の余ったマシュマロでマシュマロコーヒーを作ってみた。

ブラックが好きな方にはちょっとアレかもしれないが、これはかなりオススメだ。

キャンプでの暴飲暴食でカロリーが気になる方もいるだろうが、マシュマロは溶けてしまうのでカロリーはゼロになる計算だ。

f:id:h-k-d:20191220073118j:plain



そしてこのキャンプでヨメが奇跡のスタッキングを開発。

今まで飯盒はなんか形もいびつで収納ボックスへの収まりも悪く、チタンマグは重ねる事が出来ない為

『なんかちょっと邪魔だな・・』

とか思っていたのだが、そのモヤっとする二つが奇跡の融合を果たした事により愛着が更に湧いてしまった。

f:id:h-k-d:20191220073129j:plain


飯盒の魅力を余すところなく紹介した記事がこちら
www.ebikani.co



朝ご飯を食べた後は名残惜しいが最後のイャッホーゾーンへ少年と向かった。






イャッホォォッッ!!!

f:id:h-k-d:20191220073152j:plain

もう20回くらい滑ったね、うん。



テントを撤収した後はタープを張り、昼までゆっくりした後にカップラーメンを食べて後ろ髪を引かれながら帰路に着いた。

f:id:h-k-d:20191220073218j:plain


まとめ

■竜王山公園オートキャンプ場はテントサイトのすぐ近くに巨大遊具があり子供連れにはオススメ。

■テントサイトは場所によって条件が大きく違うので事前に確認した方がよい。

■イヤッホーゾーンでは下に子供がいない事をよく確認する。

■二泊三日でもなんだか物足りなくなって来た場合は要注意。物足りないくらいが丁度いい。

■みんな飯盒使おうぜ!


以上、えびかにでした。


※気軽に読者登録、コメントを頂けると跳んで喜びます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村