キャンプ物語

2018/10/7開設 ブログ初心者です。溺愛する3歳の息子と人に優しく私に厳しいヨメとの3人家族です。キャンプを中心に日々の出来事等を綴って行きたいと思いますので宜しくお願い致します。

岩倉ファームキャンプ場(中編)

一通り探索した後に今日は少し寒い為、日陰にならない場所を選びテント設営を始めました。


三週間前の記憶を辿りながら説明書をノールックで始めるもニワトリ並の知能しか持ち合わせてない私は5分後にはやはり説明書とにらめっこしていた。


ここをクリアしないと周りのベテランファミリーには素人なのがバレてしまう。



隣のサイトにいる小学校2年生くらいのおませなお嬢さんに「クスクス。見てパパ!あそこのおじさんテントの張り方がわからないんだね。クスクス···」と言われているような気がする被害妄想まで出て来る始末だ。


そんなこんなでやっと設営完了。1時間程度かかり前回よりは早く出来たと思うがまあ誰かとタイムトライアルをしている訳ではないので余り気にしないようにしよう。



写真を撮ろうとしたら酔っ払ったかのような陽気なヨメが木陰から飛び出して来たが、ヨメは酒が全く飲めないので恐らくシラフだ。

f:id:h-k-d:20181029070549j:plain



前回購入したインナーシートとコールマンの封筒型の寝袋を早速敷いてみる。

f:id:h-k-d:20181029071035j:plain


やっぱりインナーシートとグランドシートは専用のを買った方がサイズ感がよいと思った。


さて、次は私が子供の時から家にある30年選手のボコボコの飯盒の出番だ。フタの所に名前が削ってあり、恐らく父と母が今の私の年くらいの時にキャンプをする為に集めたギアだと思うと感慨深い物がある。

これは穴が開かなければ少年がお父さんになる時まで残しておきたい一品だ。

f:id:h-k-d:20181029123446j:plain


2つ仲良く並べて1つは白飯、1つは炊き込みご飯にしてみた所、少年は「たけこめごはん食べたい!」としきりに叫んでいました。

f:id:h-k-d:20181029123543j:plain



程なくしてたけこめごはんが完成しました!これはお焦げもいい感じでかなり美味しくできたと思う。

f:id:h-k-d:20181029123656j:plain




そして今日のメイン!秋の味覚さんまです。脂が乗って美味しそう。

f:id:h-k-d:20181029141127j:plain



脂···乗り過ぎてませんか?

ちょっとした火事になってるんですが、あっという間に表面がまっ黒になりました。。

f:id:h-k-d:20181029141447j:plain




その後なんとか持ち直して美味しく頂く事ができました。厚切りベーコンもサイコー♪

f:id:h-k-d:20181029155801j:plain






ここまで読んでくれた皆さん。

実は今まで誰にも気付かれずにこっそり写り続けていた食材があります。

f:id:h-k-d:20181029195108j:plain



アルミホイルに包まれる事2時間。

その食材は···


















じゃーーん!焼き芋です。

f:id:h-k-d:20181029194532j:plain


さつまいもを濡れた新聞紙で包み、アルミホイルを上から巻いて焚き火台の横に放ったらかすだけで食後の別腹の完成です。


ホクホクで甘くてとても美味し焼き芋がこんなに簡単に出来るとは知りませんでした。

焼き芋の好きな方は是非試してみて下さい。



後編へ続く・・