~えびかにの泥沼キャンプブログ~【in広島】

2018/10/7開設 広島近郊のキャンプ場レポ、自作ギアやオススメギア等紹介しており、皆様のキャンプ場選びの参考になれば幸いです。溺愛する4歳の息子と人に優しく私に厳しいヨメとの3人でファミキャン時々ソロをしています。

【棲真寺山オートキャンプ場】2019/4/13〜14

こんにちは、えびかにです。



今日はヨメと少年を家に置いたままコッソリと広島県三原市にある棲真寺山(せいしんじやま)オートキャンプ場へ来た。

【場所】
三原市大和町平坂315-1
山陽自動車道 三原久井ICより車で30分

【営業期間】
3月1日~11月30日

【受付時間】
9時00分~17時00分

【チェックイン・チェックアウト】
15時~13時

【利用料金】
《テントサイト》¥4,000
《ケビン》¥10,000




メンバーはおじさんとおっさんとオッサンの3人だ。


天気は雲一つない快晴で気温も高く最高のキャンプ日和。

f:id:h-k-d:20190414213146j:plain


4月半ばのこの暖かい天気でも心配性の私は万が一に備え、とみ子(トヨトミレインボー)と寝袋二つ、防寒着を両手一杯に抱えて家を飛び出した。


私がミニマリストと呼ばれる日は果てしなく遠い。



今回は諸事情により集合時間は3時半となり慌ただしいスタートとなったのだが、スーパーで二手に別れる事により時間短縮を図り、男3人という事で

肉を焼く!

がメイン料理に決定。

買い出しを済ませ、キャンプ場に行く前に身を清める為に、温泉に立ち寄った。



お釣りに手を添えて返してくれる品の良い女性にJAFの会員証をこれでもかと見せびらかし、百円オフをゲット。

f:id:h-k-d:20190414213208j:plain




1時間程温泉に浸かり、時刻は17時前になったので逃げる様にキャンプ場へ。
f:id:h-k-d:20190414213225j:plain




管理棟はとてもキレイでちょっとした小物も売っており、レンタル用品もある。

サイト使用料4000円と薪を二束800円を支払い、説明を受ける。
f:id:h-k-d:20190414213302j:plain




この薪置き場から好きなのを持って行くスタイルで、芝生サイトの為、焚火台の高さ調節用のブロックも置いてある。

夜に薪が足りなくなったら勝手に使って後払いでもいいとの事で、とても心強い。

f:id:h-k-d:20190414213347j:plain




トイレもかなりキレイで手洗い用の洗剤や殺虫スプレーも置いてある。
f:id:h-k-d:20190414213428j:plain


ここが今回借りた5番サイトだ。
奥行きがあり、かなり広々と使えそうだ。

f:id:h-k-d:20190414213454j:plain


流しとかまどが付いており、AC電源も料金に含まれている。
f:id:h-k-d:20190414213522j:plain



ここまでの写真を見てお分かりだろうがここに来ての1番の印象は

とにかく手入れが行き届いている!

今まで行ったキャンプ場の中でもキレイさは1番といっても過言ではない。




とりあえず暗くなる前に各自テントを設営し、ディナーの準備を始めた。

今回の夕食は時間がないので凝った物は出来ない為、BBQとアヒージョのみで

ひたすら焼く!

f:id:h-k-d:20190414213610j:plain


この時期のサンマは不安だったが脂も乗っていて美味。
f:id:h-k-d:20190414213619j:plain


男子会は夜遅くまで続き、私以外の二人はイスで居眠り。

私はどれだけ酔っていても、座ったまま寝るというのが出来ない。

育ちの良さがまさかこんな形で自分の首を締める事になろうとは思いもよらなかった。

f:id:h-k-d:20190414213638j:plain



気がつけばいつの間にか24:00近くになったので焚火を消してトイレへ行くと9組中7組がまだ起きていた。
今日はいつも通り少年に朝5:30に叩き起こされていたので、そのまま倒れ込むようにテントへ。
f:id:h-k-d:20190414213650j:plain








翌朝目を覚ましたのは昨日と同じ5:30だったがこれは予定通りである。

今日は天気予報で8:00頃から雨が降るといっていたので、それまでにせめてテントだけは死守したい。

他の二人はまだ夢の中だ。



ここで今回初デビューのクーラーボックスを覗いてみた。

www.ebikani.co


昨日スーパーで貰った氷や保冷剤はまだ全然溶けていなかった。

これは夏も中々期待出来そうだが、実際の使用での残念ポイントが発覚。

f:id:h-k-d:20190414213923j:plain




コップを置く場所にゴミや虫が溜まる

いや、これはコールマンさんは悪くなく、器の小さい男の独り言と聞き流して欲しい。ちょっと気になっただけだ。
f:id:h-k-d:20190414213909j:plain





そのコップ置き場にチタンダブルマグが入らないという悲劇

これもコールマンさんは悪くない。ここに入らないチタンダブルマグが悪い。
f:id:h-k-d:20190414213938j:plain





ちょっと蛇口が短い

これもキャンプ場あるあるだし、クーラーボックスは関係ないので誰も悪くない。
f:id:h-k-d:20190414213743j:plain



そんな残念ポイントも軽く払拭してくれたのがこの積載だ。

ほぼ家族全員分の荷物を積んでいるのに

何か忘れたんじゃないか?

と思ってしまうほど綺麗に入ってしまった。

f:id:h-k-d:20190414214100j:plain



この後朝食を取った後、雨足が強くなった9:30頃に後ろ髪を引かれながらの早めの解散となった。

まとめ

今回はチェックインが遅く、チェックアウトが早いキャンプだった為、慌ただしい展開となった。
強行キャンプもよいが、せっかく来たのであればゆっくりしたいので、朝早くに出ないといけないと反省。

キャンプ場自体は非常に満足度が高い場所だが、広場のど真ん中に大きな石があり、友人が酔っぱらって夜にトイレに行く時そこでこけて血だらけになったので行かれる方はご注意を(笑)



以上、えびかにでした。


ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ファミリーキャンプランキング