~えびかにの泥沼キャンプブログ~【in広島】

2018/10/7開設 広島近郊のキャンプ場レポ、自作ギアやオススメギア等紹介しており、皆様のキャンプ場選びの参考になれば幸いです。溺愛する5歳の息子と人に優しく私に厳しいヨメとのファミリーキャンプブログです。

タイトルのテキスト
PVアクセスランキング にほんブログ村

【DOD アルミキャリーワゴン】マンションキャンパーにはアウトドアワゴンがおすすめ!

スポンサーリンク

f:id:h-k-d:20210126231917j:plain

こんにちは、えびかにです。

キャンプをやっていると沢山買わなければいけない物が出てきますよね。

テントやタープ、焚火台に寝袋等、考えればキリがありません。


限られたお小遣いの中で、それらの中から必要な物を選ぶのは中々難しいですよね。


そんな中でアウトドアワゴンというのは

あったら便利かもしれないけど絶対にいる物ではないよね!

と、後回しにしていましたが、結論から言えばもっと早く買っておけばよかったと思いました。



色々なメーカーが出していて値段も様々ですが、その中からDODから発売されているアルミキャリーワゴンを購入したのでご紹介します。

DOD アルミキャリーワゴンとは

f:id:h-k-d:20210123143708j:plain

関西のアウトドアブランドDODから発売されているアルミ製の軽量キャリーワゴンですが、他メーカーが発売している商品と比べて、格段に小さくて軽いにも関わらず、耐荷重100kgを誇る驚きのキャリーワゴンです。





アルミキャリーワゴン

サイズ

W96×D58×H61cm

収納サイズ

W30×D25×H69cm

重量

10.1kg

材質

フレーム:アルミ合金

記事:ポリエステル

タイヤ:PVC

最大積載量

100kg

ワゴン容量

160L

静かで軽いスマートタイヤ

f:id:h-k-d:20210123143742j:plain

よくある『どんな悪路でも安心です!』みたいな太いタイヤではなく、摩擦抵抗の少ないスマートタイヤが採用されています。

実際キャンプ場でこのタイヤで困った事はなく、逆にあの太いタイヤでなければいけないサイトが存在するのかギモンです。

前輪2箇所に付いているストッパーは、荷物の出し入れ時に便利ですね。

さらにストッパーを少し下ろせばブレーキ代わりになるので下り坂でも安心です。

伸縮式の大型ハンドル

f:id:h-k-d:20210123143805j:plain

ハンドルは握りやすい大型ハンドルが付いていて、赤いボタンを押しながらハンドルを下げると縮める事ができます。

f:id:h-k-d:20210125230747j:plain


取り外し可能なワゴン生地

f:id:h-k-d:20210123143833j:plain

キャンプに行くと、うっかりキャリーワゴンに焼き肉のタレをこぼして汚れたりする事もありますよね?(ある事にして下さい。)


安心して下さい!


そんな時にはマジックテープで留められている生地を取り外して洗う事が可能です。

スイスイ運べるアルミ製のボディー

f:id:h-k-d:20210123143929j:plain

本体は軽くて丈夫なアルミ素材で出来ていて、さらに摩擦抵抗の少ないスマートタイヤなので、パンパンに積んだ状態でも5歳の少年が軽々動かす事ができました!

160Lの大容量

f:id:h-k-d:20210123143859j:plain

最大容量160Lで耐荷重100kgのキャリーワゴンは厚さ3mmの丈夫なフロアマットを装備。

キャリーワゴンには100%子供が乗って遊ぶので、このくらい丈夫でないと安心できません。

デイキャンプでも大活躍

実はわが家では泊まりのキャンプの時よりデイキャンや公園で使う事の方が多かったりします。

キャンプの時は意外とオートサイト、もしくは積み降ろしは横付けOKの所に行く事が多いんですよね。


ちょっと大きめの公園に行く時も、色んな遊び道具やお弁当を持って行くのに、キャリーワゴンが、あれば楽々運ぶ事が出来るので、かなり便利です。


まとめ

いかがでしたか?

私が一番気に入ったポイントは、よく売られているキャリーワゴンと比べ、収納サイズがかなり小さい所です。

さらに耐荷重は100kgなのに、アルミを使っている事により驚きの軽さを実現しています。


車が乗り入れ出来ないキャンプ場でも活躍するのはもちろんですが、わが家はマンション住まいなので、車に荷物の積み下ろしをする際に大変重宝していて、以前はエレベーターを止めたまま、ひっしで荷物を積み込みながら最低でも6往復程度はしていました。

しかし、これを購入した事により、長時間エレベーターを止める事もなく、3往復程度で済むようになりました。(それでも多い)

さらにキャンプに行く時は早朝に出る事もあるのですが、荷物をエレベーターや自動ドアの出入り時に上げ下ろしをする時の音も気にならなくなりました。


キャンプ場でも家でも大活躍のアルミキャリーワゴン、マンション住まいで持っていない方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。


以上、えびかにでした。