【ステルスエックス】GM1-450-TN オシャレキャンプの第一歩!キャンプで出たゴミは見えない場所に

こんにちは、えびかにです。

皆さん、キャンプ場でのゴミってどうしていますか?

ビニール袋に入れて持って帰ったり、キャンプ場によってはゴミを捨てて帰れる場所もあるのですが、どちらにしても分別って必ずしますよね?

カンペットボトル可燃ゴミ不燃ゴミプラリサイクルプラ、こんな感じで小分けにしていると思います。

ただ、持って帰るにしても捨てて帰るにしてもキャンプ中はサイトに置いておかなければならないので、ゴミの入ったビニールの置き場所に困っちゃうんですよね。

そのまま直置きだと風ですぐに飛んでいっちゃうし、テーブルやチェアにくくりつけてしまうと見た目があまりよくない上に捨てにくい。

そんなあなたの(私の)悩みを解決するゴミ箱STEALTH X(ステルスエックス)をご紹介します!

スポンサーリンク

ステルスエックスとは

DODから発売されているゴミ箱で、外観からはゴミ袋が全く見えなくなる、まさにステルス(隠密)。

更に上の部分にロールトップの天板を乗せる事で、オシャレなテーブルにもなる便利な2wayで使えるゴミ箱です。

名前の由来は捨てるステルスで韻を踏み、エックスはフレームがXの形状になっているからですね。(あ、見たらわかりますよね)

カラータン・ブラック
サイズW44.5×D42×H59cm
収納サイズテーブルトップ&生地:W50×D23×H9cm
脚部&フレーム:W74×D10×H6cm
重量約2.2kg
材質アルミ合金、木、コットン
静止耐荷重約30kg

蛇腹式のテーブルトップ

天板は蛇腹式になっており、ゴミを捨てる時に簡単に開くことができるので、分別した袋の中を覗く事ができます。

もちろん、天板に物を乗せている場合はサイドから捨てる事も可能です。

6種類の分別が可能

中には12個のカラビナフックが付いているので、全部で6枚のビニール袋を吊るす事ができます。

カンペットボトル可燃ゴミ不燃ゴミプラリサイクルプラ、あたりが分別できそうですね。

 

スポンサーリンク

レビュー

それでは早速、その中身を見て行きましょう。

収納袋

2つの袋に分かれていて、片方はフレームと袋、もう片方はロールトップの天板が入っています。

2つに分かれているので、持って行くのを忘れそうですね。

100均のバンドなんかでまとめると良いかもしれません。

 

セット内容

セット内容はエックス型のフレームが1つ、丸いポールが2本、楕円形のポールが2本、ロールトップの天板が1枚、 帆布の生地 が1枚入っています。

組み立て方

まずはフレーム部分を広げます。

両手で持って左右に引っ張るだけで簡単に広げる事が出来ます。

 

次にフレームを固定する為に、丸い方のポールを取り付けるのですが、これがなかなか難しいです。

フレームから飛び出した突起をポールの穴に差し込むのですが、少し固い上に、位置をピッタリ合わさないといけません。

慣れてしまえばそうでもありませんが、最初は戸惑う方もいるかもしれません。(実体験)

 

うまくはまるとこんな感じになります。

この上に後ほど説明する楕円形のポールが乗る事になるので奥までしっかりと差し込んで下さい。

 

次に生地のスリーブに楕円形のポールを二本差し込みます。

 

帆布の生地に差し込んだ楕円形のポールを、先程の丸いポールの上に載せます。

  

最後にロールトップの天板を上に乗せたら完成です。

天板の耐荷重は30kgあり、高さが低めなので安定感があります。

以前持っていたゴミ箱は高さがあり、ちょっと風が吹くと転んでいたので60cm弱の高さは安心して使えますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

キャンプでゴミは必ず出てくる物ですが、目に見える所にあると生活感が出てしまい、なんとなく気になっちゃいますよね。

そんな時にこのステルスエックスで隠す事が出来ればキャンプがさらに楽しくなる事間違いなしです!

よい点

◼️ゴミ箱なのにオシャレ
■サイトに生活感がなくなる
◼️テーブルが増えるので便利
◼️沢山の分別ができる

気になる点

■組立に少し時間がかかる
◼️袋が2つに分かれるので忘れそう

ただ、カラビナが12個あるので6個の袋がかけられますが、ゴミ袋の入り口が狭くなって捨てづらくなる為、現実的には2~3袋での使用がオススメです。

キャンプ場では可燃ゴミその他のゴミに分けて、その他のゴミはキャンプ場のゴミ捨て場や家に帰ってから分別するのが良いかもしれませんね。

以上、えびかにでした。

スポンサーリンク
ギア紹介
スポンサーリンク
follow me
〜えびかにの泥沼キャンプブログ〜【in広島】

コメント

タイトルとURLをコピーしました