【DODビッグタープポール 徹底レビュー】木目調にしておけばとりあえずオシャレに見える

スポンサーリンク

f:id:h-k-d:20200123093529j:plain

こんにちは、えびかにです。



『タープってポールとか別売りになってる物が殆どだけど全部一緒になっているのがいいよね』



その思いからオールインワンでそこら辺に転がっている石ころさえあればそれ1つで設営可能なDODいつかのタープを鼻息を荒くして買ったのがつい昨日の事の様に思い出す。

www.ebikani.co



その時は『オールインワン最強!』と思っていたのだが、移ろいやすいのがキャンプ初心者の心と秋の空。



女心は今ひとつだが、キャンプ初心者の心の変化には些細な物でも敏感に反応してしまう。

オシャレなポールが欲しい!


この心の小さな声に気付いてしまったからにはもう知らないフリは出来ない。

夜中に四本目の缶ビールを開け、いい感じに助走をつけた所で勢いに任せてポチリ。


残りのビールを一気に飲み干した所で、後ろめたい気持ちを誤魔化しつつ機嫌を取ろうと、ヨメが作ってくれたであろうコロッケを少し大げさに褒めると


『あ、そう。駅前にあるスーパーの店長に言っておくね』




・・・




買った事はもう少し内緒にしておこう。

ビッグタープポールとは

DODから発売されているタープ用のポールである。

太さ28mm厚さ1.4mmのアルミ合金製で出来たポールの安定感は付属のソレとは別物で、強風時にも安心して使用する事が出来る人気のポールだ。

天井高は250cm、カラーはブラック、レッド、シルバーに続き今回私が購入した木目調プリントの4種類あり、高さ調整も可能でどんなシーンにも合わせる事が出来る。




スペック

サイズ:直径2.8mm×高さ254cm


収納サイズ:W58×D14×H3cm


重量:1kg


材質:アルミ合金

開封


タープを張る時は2本使うので2セット購入。

f:id:h-k-d:20200123013047j:plain





袋から出すと50mmのポールが5本と説明書が入っており、右から説明書、上段ポール、下段ポール、真ん中のポールが3本、袋となっている。

f:id:h-k-d:20200123013055j:plain





上段ポールにはDODのロゴマークのウサギが刻印されている。

f:id:h-k-d:20200123013107j:plain





ポールの先端は滑り止めにローレット加工と曲げ加工が施してあり、強風時にポールからタープが抜けにくくなっている。

f:id:h-k-d:20200123013119j:plain






下段の底部分はアルミキャップがしてあり、砂がポールの中に入らない様になっている。

f:id:h-k-d:20200123013127j:plain





連結部分はピンで固定するボタン式になっており、100cm、150cm、200cm、250cm、300cmの50cm刻みで最大5本の連結が出来るようになっている。
※300cmの場合は2セット必要となります。

f:id:h-k-d:20200123013144j:plain






ピンを上から見た状態。

f:id:h-k-d:20200123013152j:plain






中がバネ状になっており、ピンを押すとこのようになる。

f:id:h-k-d:20200123013201j:plain






木目調はプリントシールなので基本的に継ぎ目のデザインは揃う事はない。

どうしても気になる方は木目調ではなく他のカラーがいいかもしれない。

f:id:h-k-d:20200123013343j:plain






実際に張った時の先端はこんな感じで、当日は雨風が少しあったのですが曲げ加工のお陰で安心感が違った。

f:id:h-k-d:20200123013400j:plain





少し離れて見ると継ぎ目はこのくらいになる。

f:id:h-k-d:20200123013420j:plain






遠目に見るとこんな感じで私は全く気にならない。

そもそも他の人がこんな近くに来ることはないので、本人が気になるかどうかの問題である。

f:id:h-k-d:20200123013444j:plain



まとめ

舌の根も乾かない内にオールインワン派から別購入派となり、ポールを購入してしまった訳ですが、結果としては大変満足している。

やはり木目調のポールというのは自然の中に溶け込むナチュラルカラーなのでタープとの相性もバッチリであった。


一番懸念していたのは今持っているいつかのタープの袋に入るかが心配だったのですが、少し太くなって本数も増えていてもちゃんと収まったので一安心だ。


天然木のポールとなると値段と重さの壁があるのだが、このビッグタープポールは良心的な値段で、アルミ製のポールは軽くて扱いやすいのでナチュラルなサイトを目指すならかなりオススメである。


飽きの来ないナチュラルサイトを目指すキャンパーの方は是非ご検討してみてはいかがだろうか。



以上、えびかにでした。

※気軽に読者登録、コメントを頂けると跳んで喜びます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村