神石高原ティアガルテン【施設紹介編②】ファミリーには断然オススメ!大人も子供も楽しめる体験スポットが満載です。

f:id:h-k-d:20200907211932j:plain

施設紹介①では、マップ左側のキャンプ場を主に紹介したのですが、引き続きマップ右側のアクティビティをご紹介します。

施設紹介①はこちら

神石高原ティアガルテン【施設紹介編①】標高700mの体験型テーマパーク内にある高原キャンプ場 2020/8/8~10
標高700mに位置する高原キャンプ場です。夏は避暑地として家族連れに大人気の場所でリピート確実の充実した施設をご紹介します。
スポンサーリンク

体験エリア

入園ゲート

施設紹介①では先走ってキャンプ場の入口から説明しましたが、本来の入園ゲートはこちらからです。

f:id:h-k-d:20200814150835j:plain

f:id:h-k-d:20200906080813j:plain

こちらのゲートで受付時に手に入れた3ヶ月パスか年間パスを見せて入場する事になります。

キャンプをしない方はこのゲートでも直接購入する事も出来るので管理棟に寄らずにうっかりこちらに来てしまった方もご安心を。

f:id:h-k-d:20200901064223j:plain

入ってすぐの場所からステージの方を見渡すとかなりの広さです。

f:id:h-k-d:20200901064039j:plain

f:id:h-k-d:20200906074248j:plain

イベント時に開放される広場キャンプ場

入ってすぐの場所はイベント時になると臨時の広場キャンプ場になる事があります。解放時期はH.Pで確認してみて下さい。

全面芝生の開放感があって子供を遊ばせるのには良いですが、結構人通りがあるので、プライベート感はあまりありませんね。

■料金
テント一張り¥1,000円
タープ一張り¥500円

■利用時間
13:00~11:00

■電源
なし

右の方に見える白いロープより左側が広場キャンプ場のサイトとなります。

f:id:h-k-d:20200901063907j:plain

f:id:h-k-d:20200906074225j:plain

イベントステージ

ステージでは連休にはイベントが行なわれており、レゲエやフラダンスの公演が行なわれています。

私達が行った時はフラダンスの公演が行なわれていましたが、そんなに大音量で賑やかにしている訳でもなく、ゆる〜い感じで心地よかったです。

f:id:h-k-d:20200901064518j:plain

人気のソフトクリームショップ ムームーカフェ

広場の中にカフェがあり、牧場にいる牛から採れた牛乳を使ったソフトクリームが売っています。

11時には開店すると聞いていたのですが、私達が行った時はなぜか閉まっていたので明確な営業時間は不明です。

f:id:h-k-d:20200901064611j:plain

遊具が充実している芝生広場

とにかく広くて随所に遊ぶ所があります。

f:id:h-k-d:20200901064746j:plain

ハンモックに、

f:id:h-k-d:20200901064844j:plain

ブランコ。

f:id:h-k-d:20200901065357j:plain

SEKAI NO OWARIがツアーで使ったという謎の機関車がありましたが、興味がある人とない人にハッキリと分かれそうですね。

因みに私は後者です。

f:id:h-k-d:20200901065301j:plain

長いローラーすべり台は子供には好評で何度も滑っていましたが、この手のすべり台は、滑った後は必ず坂を登らないといけない為、子供について行くとあっと言う間に体力を削り取られてしまうので注意が必要です。

f:id:h-k-d:20200901065050j:plain

わくわく大冒険のツリーハウス

かくれんぼの森というゾーンには自然の木をベースにしたツリーハウスがあり、子供達が所狭しと走り回っています。

もちろんわが家の少年もきゃあきゃあ言って大騒ぎでした。

f:id:h-k-d:20200903225530j:plain

f:id:h-k-d:20200903225626j:plain

f:id:h-k-d:20200903225720j:plain

ツリーハウスにそよかぜ図書館という小屋があり、中には絵本が置いてあります。

f:id:h-k-d:20200903225813j:plain

f:id:h-k-d:20200903225853j:plain

牛やヤギと触れ合える牧場

牧場には牛がいたり、

f:id:h-k-d:20200903230026j:plain

やぎの餌やりコーナーもあります。

f:id:h-k-d:20200903230102j:plain

子供達に大人気!ウォータースライダー

夏場のメインであるウォータースライダーは500円で1日滑り放題。

f:id:h-k-d:20200903230226j:plain

今回はコロナもあるので、利用するのは控える事にしましたが、大盛況でした。

f:id:h-k-d:20200903230320j:plain

カフェ

その横にあるカフェにはマフィンやアイス、ジェラートが売っています。

ウォータースライダーで遊んだ後に寄りたい場所ですね。

f:id:h-k-d:20200903230423j:plain
f:id:h-k-d:20200903230459j:plain

忘れ物をしても安心!?スノーピークショップ

同じ建物内にはスノーピークのショップもあります。

スノーピークマイスターが常駐していて、アドバイスを受けながら商品を見る事が出来ます。

f:id:h-k-d:20200903230554j:plain

スポンサーリンク

近隣施設

とよまつ紙ひこうきタワー

車で15分程の所にある、自然に還る素材で出来た紙を使って地上20mから紙ひこうきを飛ばせる施設です。

jkougen.jp

f:id:h-k-d:20200903230655j:plain

全面ガラス張りになっていて、とても見晴らしが良いのですが、高い所が苦手な人にはちょっと怖いかもしれません(私です。)

f:id:h-k-d:20200903230731j:plain

スーパー

紙ひこうきタワーに行く途中には『豊松ストアー』というスーパーがあり、連泊するのであれば、2日目にひこうきタワーと買い物を済ませるのがオススメです。

f:id:h-k-d:20200903230816j:plain

まとめ

このキャンプ場はとにかく遊ぶところが沢山あって、ここでは紹介しきれなかった遊具や体験、宝探しのイベント等が、まだまだあります。

これだけ料金が安くて、設備が整ったキャンプ場はあまり見た事がなく、東京ドーム4個分にもなる敷地は一日では物足りないボリュームです。

中国地方へ来られる機会があれば、大人も子供も120%楽しめる事間違いなしの『神石高原ティアガルテン』へ是非行ってみてはいかかがでしょうか。

以上えびかにでした。

次回『キャンプレポ編』に続く。

【神石高原ティアガルテン】《前編》アルプス一万尺の歌とアルプスの少女ハイジは何の関係もない 2020/8/8~10
神石高原町にあるティアガルテンへ行った記事です。遊具や虫捕り、動物との触れ合い等、遊ぶところは尽きません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました