~えびかにの泥沼キャンプブログ~【in広島】

2018/10/7開設 広島近郊のキャンプ場レポ、自作ギアやオススメギア等紹介しており、皆様のキャンプ場選びの参考になれば幸いです。溺愛する4歳の息子と人に優しく私に厳しいヨメとのファミリーキャンプブログです。

【憩いの森公園キャンプ場】〈後編〉GWのオートサイトは満員御礼!2019/5/1~3

こんにちは、えびかにです。

GWの憩いの森公園キャンプ場のレポ後編です。

前編はこちら
www.ebikani.co



二日目の朝、目が覚めたのは五時半だった。
少し雲がかかり、快晴とは言えないが
ひんやりとした気持ちの良い朝だ。

f:id:h-k-d:20190509215853j:plain


少し肌寒い中、焚火の準備を始めたのだが、昨日弟が割ってくれた薪が少し湿気ていたのでさらに小分けにする事にした。

みんなの手伝いのお陰だろう。薪割りがいつもよりはかどった気がする。

f:id:h-k-d:20190509220437j:plain

この人数のホットサンドを作ると朝ごはんが昼ごはんになるぐらい時間がかかりそうだったので、今回の朝食はパンに茹でたウインナーを挟んで簡単ホットドッグを作った。


朝ごはんを食べた後は少年と草滑りに行ったのだがここで大誤算。

100均で買ったソリのような物を少年の尻の下に敷いたが、傾斜が緩く全くもって滑らない。

f:id:h-k-d:20190509220459j:plain

滑りに行こう!

と軽はずみな発言で少年に大きな期待を持たせてしまった為、少年は半ベソをかいている。

違う意味で大スベりしたのは私だった。




この世の終わりが来たかのような失意のどん底にいる少年を救えるのは私しかいない!(←叩き落とした張本人)


という事で、紐を付けたソリを引っ張りながら走って坂道を下り、また坂道の上まで戻るという終わりの見えない苦行が始まった。

f:id:h-k-d:20190510235538j:plain

朝露がまだ沢山残っており、ズボンや靴下までドロドロになった所でやっと満足して頂いた。



その後テントサイトに戻り昼ごはんのパン作りを始めた。

f:id:h-k-d:20190509220532j:plain


感の良い方はこの写真を見れば彼が何をメインに担当していたかがお分かりだろう。

f:id:h-k-d:20190509220943j:plain






そう、味見だ。

こうして出来たチョコレート入りのパンがこれだ。

f:id:h-k-d:20190509221858j:plain


さらにスープパスタを作って昼ごはんが完成。

f:id:h-k-d:20190509221906j:plain




昼ごはんを食べた後、ふと空を見上げると朝とはうってかわり、いつの間にか突き抜ける様な青空が広がっていた。

f:id:h-k-d:20190509221916j:plain





という事でししゃもを干してみた。

f:id:h-k-d:20190511002940j:plain



2~3時間程干してその存在を忘れそうな頃になんとか思い出し、燻製機という名の空き缶に放り込む。

f:id:h-k-d:20190511075956j:plain


見た目がね・・・味はバッチリだった。

f:id:h-k-d:20190511075654j:plain



そして定番のチーズ。

f:id:h-k-d:20190509222010j:plain



ソミュール風味の液に三時間くらい漬け込んでタコの燻製も作ってみたが、味があまりのらなかったのでキャンプに行く前に仕込まないとダメっぽい。

f:id:h-k-d:20190509222019j:plain



じつは前々からベーコンの燻製を作ってみたかったのだが、一週間くらい冷蔵庫で寝かさないといけないらしく、三日前に買ったヨーグルトが冷蔵庫の中で行方不明になるくらいの記憶力しかない私では一週間後に思い出すのは到底不可能だと思っていたのでチャレンジした事がなかった。

そんな折、いつも楽しく読ませて頂いているはてなブロガーみそおさんの記事を目にした。

www.misojicamp.com


この人でも出来たのなら私にも出来そうだ!

こんなに分かりやすく説明してあるのなら私にも出来そうだ!

と根拠のない自信が湧いて来た為、次回燻製する際には参考にさせて頂こうと思う。



弟夫婦曰く昨日の夜は少し肌寒かったとの事で、本日はミルフォード5を電源のあるオートサイトへ引っ越しさせ、電気カーペットも持参していたのでそれで対応する事にした。

テント二つとワンタッチタープを張ってなんとかサイト内に収まった。

f:id:h-k-d:20190509222510j:plain



ミルフォード5の中で剛力彩芽さんごっこが始まった。
(気を悪くされた方がいたらごめんなさい。)

f:id:h-k-d:20190509222030j:plain


その後、森の中を散策して恐る恐るあおむしに触っていた。

気持ち悪いという先入観を植え付けたくない為、あの時は言わなかったがよくあんな気持ち悪いの触ったなと思う。

f:id:h-k-d:20190509222038j:plain


あっと言う間に楽しい一日は終わり、晩ごはんは焼き魚と豚汁を食べた。


今日の焚火のお供はかわはぎの炙り。

f:id:h-k-d:20190509222149j:plain


22:00頃に焚火を消して二日目の夜は終わった。

f:id:h-k-d:20190509222229j:plain






三日目は写真を一枚も撮っていなかったが、朝ご飯のサンドウィッチをたべてから広場の遊具で子供達を遊ばせている間に撤収を開始し、10:30には撤収完了。

昼ごはん用にカップラーメンを買っていたのだが、まさかのカセットコンロがガス切れ。

今更火を起こすのも面倒なので、家に帰ってから食べる事になった。


11時に管理棟へ行き挨拶を済ませ、楽しかった二泊三日のキャンプは幕を閉じた。

まとめ

初めてのGWキャンプという事で人の多さに驚いた。

予約ももう少し早く取っていれば弟と隣同士でオートサイトが取れたかもしれないので、来年は二月のGW予約が出来る時期に入る前にしっかりと予定を立てておかなければならないと思った。


八人という大所帯でのキャンプとなったが、大人が多いと少年の面倒を見てもらえるのと、設営等を早く終わらせる事が出来た。


その反面、料理を作るのが大変だったり、洗い物が多かったりとあまりゆっくりする時間はなかった様に思う。


しかし、大人数でワイワイするのはまた普段とは別の楽しみがあり、今回は母や弟家族も大満足の三日間となったようで、これからえびかに一族の年一行事となりそうな予感がした。


以上、えびかにでした。


www.ebikani.co