~えびかにの泥沼キャンプブログ~【in広島】

2018/10/7開設 広島近郊のキャンプ場レポ、自作ギアやオススメギア等紹介しており、皆様のキャンプ場選びの参考になれば幸いです。溺愛する5歳の息子と人に優しく私に厳しいヨメとのファミリーキャンプブログです。

【ほたる見公園】《施設紹介編》ホタルに会える !庄原市にある古き良き、懐かしい雰囲気の静かなキャンプ場

スポンサーリンク

f:id:h-k-d:20200928230111j:plain


こんにちは、えびかにです。


今回は広島県庄原市にあるほたる見公園へ行って来ました。

標高の高い林間サイトで夏の避暑地としては最高の気温、川遊びも楽しめる静かなキャンプ場です。

まずは施設紹介からどうぞ!

ほたる見公園

f:id:h-k-d:20200928220139j:plain


広島県の北部に位置し、設備は少し古めで最小限の物しかありませんが、キレイに清掃されていて人が少ない静かなキャンプ場です。


街灯が殆どない為、満天の星空を見る事ができる上に、透明度の高い清流は、その名の通り6月中旬から7月上旬にかけて、美しい蛍の乱舞を見ることが出来るので、その時期は早めの予約が必要となります。


施設詳細


■住所:広島県庄原市口和町大月2-1


■連絡先:0824-87-2513(8時~20時)


■料金:テント持ち込み/2,090円 テント貸出/3,090円


■チェックイン:前日に予約がなければ基本自由


■チェックアウト:当日に予約がなければ基本自由



■アクセス:中国横断自動車道口和ICから約3分、中国自動車道庄原ICから約30分



入口

f:id:h-k-d:20200927102333j:plain

どのサイトを見てもこの看板から始まると断言しても良い程有名な看板です。

この先を左に曲がるとすぐにキャンプ場が見えてきます。



f:id:h-k-d:20200927215711j:plain

入口には全体マップがあるので、これを使って紹介していこうと思います。

このキャンプ場は昔の規格サイト二つ分で一つのサイトになっていて、水はけの良い砂利サイト。


ただし、場所によっては三つ分、一つ分の場所もあるので、予約時に確認が必要です。

サイトの指定も出来るので、予約する前にある程度決めてから電話をした方が良いです。



f:id:h-k-d:20200930215250j:plain


一番数が多い二つ分のサイトはツールームを張るとこんな感じの広さとなりますのでご参考に。




管理棟

f:id:h-k-d:20200927102427j:plain

f:id:h-k-d:20200927221932j:plain

基本ここには誰も常駐していません。

到着して管理人さんに電話をすると五分程で来てくれるので、ここで利用料金を払います。

ほたるの季節であれば場内にいたりする事もあるそうです。

管理棟トイレ

f:id:h-k-d:20200927102718j:plain

管理棟にあるトイレはサイトから離れているので使用頻度も低く、扉も付いているお陰で、虫も入らずキレイです。


f:id:h-k-d:20200927102731j:plain

洋式のトイレが良い方はこちらの多目的トイレにあります。

多目的広場

f:id:h-k-d:20200927102844j:plain

f:id:h-k-d:20200927222004j:plain

この広場が駐車場となっていて、基本はここから荷物を運ぶ事になります。


ただ、混雑していなければ管理人さんのご厚意で車の乗り入れを許可して頂ける事もあり、今回は私達のグループで貸し切りだった為、車の横づけをして良いとの事でした。

ほたるが集まるキレイな川

f:id:h-k-d:20200927102753j:plain

f:id:h-k-d:20200927222018j:plain

多目的広場から階段を降りると、川遊びが出来ます。


f:id:h-k-d:20200927102813j:plain

水深は深い所でも子供の腰くらいで、鋭利な石はあまりなかったように思います。

雨の後だと少し流れが速くなるそうですが、普段は大人が監視していれば子供だけで遊んでも大丈夫そうな川でした。


6月~7月になるとこの川で幻想的なホタルの舞が見られます。


炊事棟

f:id:h-k-d:20200927102920j:plain

f:id:h-k-d:20200927222035j:plain

流しは石造りで、蛇口が10個くらいあります。

このくらいの規模なら混雑する事もなさそうですね。


f:id:h-k-d:20200927102950j:plain

蛇口には一ヶ所ホースが繋がれているので、焚火台や足を洗うのに便利です。


トイレ

f:id:h-k-d:20200927103008j:plain

f:id:h-k-d:20200927222047j:plain

ここがサイトから一番近いトイレです。



f:id:h-k-d:20200927103024j:plain

ここにはドアがない為、夜は電気を消さないと虫が沢山入ってきます。

使用後は電気を切るのを忘れない様にしましょう。


f:id:h-k-d:20200927103038j:plain

使用後は蛇口をひねって水を流す懐かしの仕様です。

我が家の少年は目をまんまるにして不思議そうに見ていました。



f:id:h-k-d:20200927103051j:plain

こちらも非常にキレイにお掃除がされていました。




f:id:h-k-d:20200927103105j:plain

手洗い場はこんな感じです。


入浴施設

このキャンプ場には入浴施設はありません。

チェックインの時に貰える割引券を持って、車で8分の所にある温泉施設を使用する事になります。

www.kimita-onsen.com



買い物

この近くにはスーパー等はないので、来る途中に三次市内で調達してくる事をオススメします。



サイト

さて、ここからは全12サイトをダイジェストで一気に紹介していきます。

決して面倒くさくなった訳ではありませんのであしからず。


因みに⑧と⑨と⑯番のサイトは一つの区画で狭いサイトになります。

一番広いサイトは③④⑤番の一サイトだけとなっていて、残りは全て二つの区画で一サイトです。


①②番サイト

f:id:h-k-d:20200927213919j:plain

f:id:h-k-d:20200927222102j:plain


③④⑤番サイト

f:id:h-k-d:20200927214034j:plain

f:id:h-k-d:20200927222122j:plain


⑥⑦番サイト

f:id:h-k-d:20200927214102j:plain

f:id:h-k-d:20200927222135j:plain

⑧番サイト

f:id:h-k-d:20200927214412j:plain

f:id:h-k-d:20200927222148j:plain

⑨番サイト

f:id:h-k-d:20200927214437j:plain

f:id:h-k-d:20200927222158j:plain

⑩⑪番サイト

f:id:h-k-d:20200927214501j:plain

f:id:h-k-d:20200927222210j:plain

⑫⑬番サイト

f:id:h-k-d:20200927214537j:plain

f:id:h-k-d:20200927222223j:plain

⑭⑮番サイト

f:id:h-k-d:20200927214724j:plain

f:id:h-k-d:20200927222237j:plain

⑯番サイト

f:id:h-k-d:20200927214559j:plain

f:id:h-k-d:20200927222249j:plain

⑰⑱番サイト

f:id:h-k-d:20200927214624j:plain

f:id:h-k-d:20200927222303j:plain

⑲⑳番サイト

f:id:h-k-d:20200927214648j:plain

f:id:h-k-d:20200927222316j:plain

㉑㉒番サイト

f:id:h-k-d:20200927214707j:plain

f:id:h-k-d:20200927222328j:plain

サイトの地面

f:id:h-k-d:20200927222659j:plain

全てのサイトは木で囲まれた砂利サイトになります。

おかげで水はけは良く、私達が行った日は土砂降りだったのですが、タープ下で足元を気にする事なく快適に過ごせました。




f:id:h-k-d:20200927222926j:plain

しかし、その反面サイト内では砂利の分だけ地面までが遠くなるので、38cm等の長いペグが必要になってきます。

雨が降っていたりするとさらに効かなくなるので注意が必要です。


サイトの外側に張り網を引っ張る場合は写真の様に丸太を軸にして打ち込むと抜ける事はないと思います。




まとめ

f:id:h-k-d:20200930211053j:plain

いかがでしたか?

広島県の山間にひっそりと佇むほたる見公園。

そこは星降る夜空と大自然に囲まれたとても素敵なキャンプ場でした。



一日では回り切れないアクティビティーがある高規格キャンプ場も魅力ですが、そんな物がなくても子供も大人も十分に楽しめる、私が子供の頃に楽しんだキャンプとは本来こういった物だったと思い出させてくれるような、そんな最高のキャンプ場でした!

次回はその楽しいキャンプレポ編をお送りします!



以上、えびかにでした。




※気軽に読者登録、コメント、応援のクリックをして頂けるとモチベーションが上がりますので宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村