【角島大浜キャンプ場】2019/11/2 ロケーションも難易度も五つ星のキャンプ場

スポンサーリンク

f:id:h-k-d:20200113222047j:plain

こんにちは、えびかにです。


先日初の県外遠征で竜王山公園オートキャンプ場へ行って来たのですが、その際に立ち寄った角島にあるキャンプ場をサクッとご紹介します。

竜王山公園オートキャンプ場の記事はこちら
www.ebikani.co



角島大浜キャンプ場


山口県の西側に位置する白い砂浜とコバルトブルーの海に囲まれた絶景のキャンプ場です。

ここに行くには角島大橋と呼ばれる本土から離島にかかる橋では日本で2番目に長い橋を渡ります。

f:id:h-k-d:20191125161930j:plain

住所:山口県下関市豊北町角島1413-1


電話番号:083-786-0477


営業時間:7月上旬~9月上旬まで
     チェックイン13:00
     チェックアウト11:00


料金:清掃協力費 大人600円、小学生300円
   持ち込みテント/3,000円
   常設テント/4,000円





角島大橋を渡って海士ヶ瀬ロードと呼ばれる道をそのままずっと真っすぐ進んで行くと右側にこのような看板があり、下に降りる道があります。


f:id:h-k-d:20200110092637j:plain




上の写真に少しだけ見える砂利の広場が駐車場です。

夏場は海水浴客とキャンプ客共有の駐車場となっています。





そこに車を停めて奥に進むと左手につのしま自然館があり、写真の右側の道を真っすぐ行くとキャンプ場の管理棟です。


f:id:h-k-d:20200110092646j:plain


管理棟までは結構距離があり、リヤカーを借りる事が出来るのですが、アップダウンも多く、難易度は高いです。


管理棟


ここが管理棟ですが、ここはシーズン営業となっており、7月上旬~9月上旬までの2ヶ月しか営業していないので今回は無人でした。


f:id:h-k-d:20200110092711j:plain



売店


管理棟の横に売店がありましたが、ここも当然無人です。


f:id:h-k-d:20200110092717j:plain




炊事棟


炊事棟が一つあり、ステンレス製のシンクとかまどがありました。


f:id:h-k-d:20200110092728j:plain






トイレ


こちらの白い建物は、映画「四日間の奇蹟」ロケセットで、現在はトイレとして使用する事が出来ます。


f:id:h-k-d:20200110092749j:plain

シャワー


シャワーの数も海水浴客と一緒なので基本的に大混雑です。

温水が200円で水が100円です。


サイト


高台の上にある芝生サイトです。

基本的に殆どのサイトがオーシャンビューになっていますが、芝生サイトは常設テントが占めています。(一部持ち込みテントを設営出来る場所もあるようです。)


f:id:h-k-d:20200110092802j:plain





こちらは一番高い場所にあるサイトですが、オーシャンビューではありません。


f:id:h-k-d:20200110092811j:plain





写真がないのですが、この他にも砂浜サイトがあります。


砂浜サイトが持ち込みテントのフリーサイトになっているようで早めに行ってお気に入りの場所を確保する方が良いですね。


テントからすぐに海へ入れるのは大きな魅力ですが、砂浜用のペグを沢山持って行かないといけませんね。

まとめ


■角島大浜キャンプ場は白い砂浜とコバルトブルーの海が目の前にあり、ロケーションは最高。

■営業期間が2ヶ月と短い上に、人気のキャンプ場なので、5月の予約開始時に早めに電話にて予約が必要。

■海風が強い為、砂浜サイトはオープンタープを張るのは困難。

■若者グループが多いようなので深夜の騒音にはある程度の覚悟が必要。

■駐車場からは結構な距離なので気合が必要。



ロケーションとしては最高の場所で満足度も高そうなのですが、懸念されるのがやはり長距離リヤカー、強風、砂浜設営、遮る物のない真夏の日差し、マナー問題です。


わが家は海キャンプが未経験なので、ここの難易度を考えるとまだ早いような気がしました。



全てを許せる広い心と長距離リヤカーでも折れない心を手に入れる事が出来たらいつかあのコバルトブルーの海を体験してみたいと思います。


以上、えびかにでした。

※気軽に読者登録、コメントを頂けると跳んで喜びます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村