【LANTERN STAND】使い勝手はバツグン!色んな物を引っ掛ける事が出来るオシャレで便利なランタンスタンドがオススメ!

こんにちは、えびかにです。

オシャレなランタンスタンドが欲しいな~

なんて思っている方はいませんか?(私です)

 

ランタンスタンドなんてとりあえず引っ掛ける事が出来ればいいや!

とアウトドアショップで適当に一番安い3本足のランタンスタンドを流れにまかせて買った方はいませんか?(ここにいます)

しかし使っている内に、

やっぱり3本足より1本足の方がスマートでカッコイイよね?

よし!こうなったらちょっとだけ高い奴を買ってみよう!

と中途半端な一本脚のぐらぐらするランタンスタンドを買った方はいないですよね?(······)

 

そんな後先考えずにランタンスタンドを買ってしまった私が、今回で最後にしようと心に決めて購入した3本目のランタンスタンドをご紹介します。

スポンサーリンク

サンゾクマウンテンショック

出典:PITAGORABASE

今までの安物買いの銭失いの反省から、今回は妥協せずに本当に欲しい物を買おうと心に決めて、色々なタイプのランタンハンガーを探してみました。

そうしてたどり着いたのがこちらの大人気ランタンスタンドサンゾクマウンテンショックです。

めちゃくちゃカッコいいですよね~!

しかし、このランタンスタンドは元々の値段が高い上に、品薄の為に更に高騰してしまっていて、¥20,000 オーバーという庶民には手が届かない値段に跳ね上がっているんですよね。

更に収納ケースは¥5,000 オーバーで別売りという貴族使用になっています。

スポンサーリンク

名もなきランタンスタンド

私のような庶民には手の届かない高嶺の花にため息をつきながら、ネットの海を彷徨っていると同じようなパ○リ商品を見つけました。

ネットを見てみると、色々なサンゾクマウンテンショックのパク○商品がありますが、今回私が買ったのはWAKU FIMACというランタンスタンドで、現在は売り切れていました。

さらにWAKU FIMACという会社をネットで探してみましたがイマイチ情報が出てこなかったので、これ以上の詳細は残念ながらわかりません。

というか、このランタンスタンドの情報自体がネット上から全くなくなってしまっている為、ひょっとしたら訴えられて何らかの理由で、元々なかった事にされてしまったのかもしれません。

今現在私が買った物に一番近そうなのがこちらのランタンハンガーでした。

スポンサーリンク

LANTERN STAND

商品名は販売ページのアイキャッチのみにしか記載してなかったのですが、恐らくLANTERN STANDだと思います。

材質は丈夫なスチール製で重量は3.9kg。

結構な重さですが、実際にランタンや色々な物をぶら下げようと思ったらこのくらいの重量がないと耐えるのが難しいかもしれません。

しっかりとした作りの付属ケース

こちらの商品は収納ケース付きで、高さ230mm横幅1050mmのサイズにぴったりと収まる様になっています。(当たり前)

 

ケース自体もかなりしっかりとした素材で厚みもある為、3.9kgの本体を入れるのにも不安はなく、正面には合皮のような素材でWAKU FIMACのロゴマークが縫い付けてあります。

このケースだけでも売れるんじゃないかというくらいで、とても○クリ品とは思えない仕上がりになっています。

 

セット内容

いたってシンプルな内容で、5本のスチールの棒とフックが4つ入っています。

画像の上から順番に、下記の名称となっています。

■アーム大×1
■アーム小×1
■クロスバー×1
■スタンドバー×2

 

フック

クロスバーに引っ掛ける4本のフックは、プラスチック製ですが色が黒い為、違和感なく溶け込んでいます。

物を吊るす時、カラビナを使用するよりもサッと引っ掛ける事が出来たので、非常に重宝しました。

 

スッキリとしたデザインのコの字フック

このタイプのランタンハンガーの特徴の一つである、コの字フックは角ばったデザインでカッコ良く、サイトでぼーっとしている時に、ついつい見とれてしまいます。

口コミ等を見ると、類似品の中にはこのコの字フックがまるっぽくてちょっとモッサリしている感じの商品もあるようでしたが、これはキレイなエッジがあります。

 

クロスバーの銘板

斜めに曲がったシールが貼ってありましたが、直ちに剥がさせて頂きました。

スポンサーリンク

スタンドバー×アーム大

単純にランタンスタンドとして利用すると、かなりシンプルでスマートなサイトが出来上がります。

設置もいたって簡単で、スタンドバーをペグと同じ要領でハンマーで叩き、アーム大を差し込むだけで完成です。

重心がポールと一直線になるので、かなりの安定感がありますね。

 

スポンサーリンク

フルセット使用時

先程の状態からもう1本スタンドバーを打ち込んで、クロスバーアーム小を差し込んだら完成で、この形が一番使い勝手がよいと思います。

高さはペグの打ち込む深さで調整する事ができます。

 

スポンサーリンク

一般的な使用例

大体こんな形で使う事が多いと思います。

映えを狙わなければ、ぞうきんやゴミ袋をサッとかける事が出来るのでとても便利ですね。

キャンプに行くと個人的にはいつもカメラを置く場所に困っていたので、地面に直接置きたくないけどテーブルの上にあると邪魔な物もこの辺にぶら下げられるのでとても便利です。

 

スポンサーリンク

LANTERN STANDは使い勝手がバツグン!

以前から気になっていたこのタイプのランタンスタンドですが、実際に使ってみるとめちゃくちゃ便利でした!

キャンプの時の調理器具って意外と邪魔なんですが、焚火台やテーブルの側にこのランタンスタンドを置いておけばトングおたま等、ちょっと置き場所に困る物をひっかける事が出来るのでかなりオススメです。

よい点

■見た目がカッコイイ! 
■ランタンの重心が安定する
■フックに色んな物がかけられて便利
■しっかりとした収納ケース付きで格安

気になる点

■スチール製なので単純に重たい
■形状が特殊なので少し大きめになる

収納が少し大きめにはなり重量もありますが、ランタンスタンドを必要としているキャンパーの方は殆どが車での移動だと思うので普通のランタンスタンドと比べてもあまり気になる事はないと思います。

実際に使ってみるまでその良さは分かりませんでしたが、最初にケチって安物のランタンハンガーを色々買ってしまった私は、最初からこれを買っておけば良かったとすごく後悔しました。

このタイプの商品は人気で、色々なパクリ商品OEM商品がありますが、ランタンハンガー選びで悩んでいる方は使ってみてはいかがでしょうか。

以上、えびかにでした。

スポンサーリンク
ギア紹介
スポンサーリンク
follow me
〜えびかにの泥沼キャンプブログ〜【in広島】

コメント

タイトルとURLをコピーしました