~えびかにの泥沼キャンプブログ~【in広島】

2018/10/7開設 溺愛する3歳の息子と人に優しく私に厳しいヨメとの3人家族です。キャンプを中心に日々の出来事等を綴って行きたいと思いますので宜しくお願い致します。

【紅茶を煎れるだけ!】モーラナイフを黒錆加工してみた。

こんにちは、えびかにです。


みなさん、モーラナイフをご存知ですか?

今日はモーラナイフの黒錆加工を紹介してみようと思います。


目次

モーラナイフとは

モーラナイフとはスウェーデン製のナイフでお手頃な値段とその丈夫さやお手入れのしやすさ等で、アウトドア界では知らない人はいない。


モーラナイフには材質がステンレス製とカーボンスチール製の2種類あるのだが、ステンレス製はサビにくいが、切れ味は劣る。刃こぼれもしやすく研ぎにくい。水場等で使うのであればこちらが良い。

一方、カーボンスチールはサビ易いが、切れ味は良い。刃こぼれはしにくく研ぎやすい。バトニング(薪をナイフで割る技)やフェザースティックを作るのであればこちらをオススメする。


一口にモーラナイフと言っても色んな種類があるのだが、今回はその中でも人気のモーラナイフコンパニオンヘビーデューティーを買ってみた。


MORAKNIV CompanionHeavyDuty
材質:カーボンスチール製
刃渡:104mm
全長:224mm
厚さ:3.2mm
重量:136g


モーラナイフは大体2000円ちょっとで1本買えば一生使えると言っても過言ではない。

その中でもこのヘビーデューティは刃の厚さが3.2mmもあり、ハードな使い方をする人にはこの1本で間違いない。
f:id:h-k-d:20181214065232j:plain

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG

フェザースティックとは

キャンプで焚火をする際に薪には中々着火が難しい。ライターと着火剤を使えば簡単なのだが、キャンプに行って不自由を楽しんでいるのにそんな野暮な事はしたくない。

男ならナイフで着火剤を作り、火花を散らして火をつけろ!

特に誰かが言った有名な言葉とかではないが、ちょっと言ってみたかっただけだ。

フェザースティックと言うのは着火が難しい薪に火がつきやすくする為に、ナイフで薪を薄く削って行き、鳥の羽根のようにする事だ。これにより格段に火がつきやすくなるのだ。


ちょっと家にある割り箸でやってみたが、プロの方が見れば鼻で笑い飛ばされそうな初心者丸出しの夏休みの工作レベルだ(汗)

その横にあるのがファイアスターターという火花を散らす道具で、これをフェザースティックに向けて必死に擦る事で火をつける。
f:id:h-k-d:20181214072954j:plain




黒錆加工の必要性

先程言ったカーボンスチールで出来たナイフは非常に錆びやすい。俗に言う『サビた』というのは赤錆だ。

錆には赤錆と黒錆があり、赤錆は金属を腐食させてしまう。

一方黒錆は表面に酸化膜を形成し、赤錆を発生させなくする為、金属の腐食がなくなるのだ。

黒錆加工方法

簡単です。題名にも書いてあるが紅茶を入れるだけだ。

今回使った道具

・なめ茸
・アールグレイ
・ポッカレモン
・クエン酸
・モーラナイフ
f:id:h-k-d:20181214065303j:plain


こちらが加工前の新品ナイフだ。油分を落とす為、食器用洗剤で洗った。
f:id:h-k-d:20181214065340j:plain


そして、ティーパックを3つとポッカレモン入れてかなり濃い目のレモンティーを作る。日東の普通の紅茶がいいと聞いていたのだが、わが家にはアールグレイしかなかった。溢れ出る品の良さは隠しようがない。

見た目は品のカケラもない程ドス黒く、とても飲めた物ではない。割合はティー8レモン2ぐらいが黄金比らしいが、ポッカレモンが足りないのでクエン酸にて補填。

なぜかヨメが水屋に大事にしまっていたなめ茸の瓶を発見したのだがこれがナイフにピッタリだった。もうナイフの鞘はこれでいいのではないかというくらいジャストフィットだった。

漬けて1分くらいで小さな気泡が出て来た。
f:id:h-k-d:20181214065349j:plain


数時間で良いらしいが、そんなに起きていられないので朝まで放置した状態がこれだ。泡まみれになっている。
f:id:h-k-d:20181214065416j:plain


予想以上に黒い。そして

カッコいい!

ドライヤーで水気を飛ばして完成!

これでナイフの刃がキラリと光って敵に見つかる事もなくなりそうだ。
f:id:h-k-d:20181214065426j:plain

購入経緯

実はモーラナイフはこれが2本目なのだが1本目はステンレス製で厚みが薄いのを買っていて、バトニングの際に刃先が曲がってしまった。

ちょっとラーメンの袋を開けたり、ネギを刻んだりするのにはちょうどいいが、ブッシュクラフトを目指すタフな男のギアとしてはいささか頼りない。という訳で購入を決意した。

まとめ

最近ふと思う。ブログを始めた事により色々な人のブログを毎日見ていると、洗脳されて段々欲しくてたまらなくなっていく。キャンプ沼とはキャンパー達がお互いに足を引っ張り合ってどんどん引き摺り込んでいく状態なのではなかろうか。これからは周りの意見に流されず、自分の欲しい物だけしっかりと見極めていかねばならないと思った。


おっと、はてなブログから新着記事更新のメールが来たので、この辺で失礼します。