~えびかにの泥沼キャンプブログ~【in広島】

2018/10/7開設 広島近郊のキャンプ場レポ、自作ギアやオススメギア等紹介しており、皆様のキャンプ場選びの参考になれば幸いです。溺愛する5歳の息子と人に優しく私に厳しいヨメとのファミリーキャンプブログです。

【自作ステッカー】無印良品の頑丈収納ボックス(特大)にノースフェイスとDODの手作りステッカーを貼ってみた。

スポンサーリンク

f:id:h-k-d:20200220165022j:plain

こんにちは、えびかにです。



キャンプをする上で様々な道具を保管する為の必需品である、収納ボックス。

無印の頑丈収納ボックス(特大)にステッカーを貼って使うのがオシャレだと風の噂で聞いた。






しかし、既製品のステッカーではサイズ感や色等、中々気に入った物が見つからない。



それならばいっそ作ってしまえ!



という事で自作ステッカーを作ってみたのでその方法をご紹介します。



カッティングシート

今回はシンプルに黒と白の二種類。

f:id:h-k-d:20190106185111j:plain





今回はホームセンターで購入しましたが、ネットで買う方がカラーも豊富で、送料を合わせてもあまり値段も変わらないと思います。





道具

使う道具はこれだけです。

  • 細工用カッター
  • カッティングマット
  • セロハンテープ
  • はさみ
  • マスキングテープ



はさみとセロハンテープは大体持っていると思いますがカッティングマットと細工用カッターは必需品です。

マスキングテープは100均で売っていますね。

f:id:h-k-d:20190106200825j:plain






このセットがカラーバリエーションも豊富でオススメ。



転写シートという物もありますが、自分で使う分にはマスキングテープで十分だと思います。




下準備

まずはシールにしたいデザインをプリンターで好みのサイズに印刷します。

今回はノースフェイスのロゴをお借りしました。

それより少し大きめにカッティングシートをはさみでカットし、四辺にセロハンテープを貼ります。

f:id:h-k-d:20190106200206j:plain







切るのが難しければ赤で塗った余白の部分にのり付けをして乾いてからすると作業がやり易くなります。

f:id:h-k-d:20190106220613j:plain




カッティング作業

ここからカッターで切っていくのですが、一番の難所です。力を入れすぎると下のシートまで切ってしまうので軽い力で上のシール部分だけ切らなければなりません。



結構力加減が難しいのですが『一文字切ったら裏返してセロハンテープで裏側まで切れてしまった台紙の部分を補修する』を地道に繰り返していけば問題なく出来ると思います。



これをしないと切った後に文字やロゴがバラバラになり、後で本来の間隔で張ることが難しくなるので気を付けて下さい。




作業中は切った場所から剥がれていくのでこんな感じになります。

f:id:h-k-d:20190106200224j:plain







全ての線をカッターで切り離したら、緑で塗った部分を台紙から剥がしていきます。

この時、完全に切れていないと文字が付いてくるのでゆっくり剥がしながら繋がっている部分があれば都度カッターで切って下さい。

f:id:h-k-d:20190106220626j:plain






文字以外の部分を全て切り離すとこんな感じになります。白い部分が台紙で、黒い部分がシールになっています。多少うまくできていない部分があると思うのでこの時点で直して下さい。

この辺で嬉しくなってテンションが上がってきますが、まだもう少し我慢しましょう。

f:id:h-k-d:20190106200942j:plain








この状態で上からマスキングテープを重なる様にずらしながら貼り、マスキングテープに文字が付くようにしっかりと押さえつけて下さい。

f:id:h-k-d:20190106200245j:plain



貼り付け

台紙をゆっくり剥がすとマスキングテープに黒い部分だけが付いて来ます。それを張りたい場所に当ててマスキングテープの上から爪の平たい部分でゴシゴシ擦って下さい。

この辺でボルテージは最高潮です!

f:id:h-k-d:20190106200307j:plain







そしてマスキングテープにシールが付いて来ないように、ゆっくり剥がして・・

完成です!

f:id:h-k-d:20190106200457j:plain









こちらが作業前です。

f:id:h-k-d:20190106200507j:plain







こちらが作業後です。

もう完全にノースフェイスが売っている頑丈ボックスに変身しました!

f:id:h-k-d:20190106200516j:plain








因みに上のボックスのDODはヨメが白いカッティングシートで作成した物です。

f:id:h-k-d:20190106213624j:plain




まとめ

今回作ったこの二つのボックスでテントや寝袋以外のギアが殆ど入ってしまったのでかなり準備が楽になりそうです。


プリンターを使う時点で

ロゴをシールにプリントアウトすればよくない?

という声が聞こえてきそうですが、それが一番早いと思います。


しかし、キャンプとは不便を楽しむ物であり、自分が試行錯誤して作った物にこそ愛着が湧き、大事にできると思っています。興味がある方はぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか?^^


以上、えびかにでした。





自作系の記事はこちら。
www.ebikani.co
www.ebikani.co
www.ebikani.co
www.ebikani.co

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ファミリーキャンプランキング