KEENの防水ハイキングシューズ「テンポフレックス WP」はキャンプや軽登山にオススメ!【PR】

こんにちは、えびかにです。

皆さんはキャンプに行く時はどんな靴を履いていますか?

私はアウターや帽子などは結構アウトドアを意識した服装にしているつもりなんですが、アウトドア用の靴ってゴツくて重たいイメージがあって、簡単にサンダルスニーカーで済ましちゃう事が多いんですよね(汗)

しかし、キャンプも屋外で行うアウトドアである以上、今までめちゃくちゃ晴れていたのに突然雨がふりだしたりする事もよくあります。

そんな時サンダルや普通のスニーカーだと足元がびちゃびちゃになって結構テンションが下がっちゃうんですよね。

防水性があって、履きやすい靴が欲しいな・・

こんなあなた(私)の悩みを解決してくれるKEENのアウトドアシューズ、『テンポフレックス WP』をご紹介します!

※KEEN JAPANより商品提供を受けてのPR記事となります。

スポンサーリンク

KEENとは?

KEENは2003年にアメリカ・オレゴン州ポートランドで生まれたアウトドア・フットウェアブランドです。

そのユニークなデザインと様々なシーンで使える豊富なラインナップが魅力で、「サンダルは、つま先を守ることができるだろうか?」をコンセプトに開発されたKEENの象徴ともなったサンダル、「NEWPORT」の名前を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

TEMPO FLEX(テンポフレックス) WP

“剛性を保ちつつ最上級の屈曲性を実現した《KEEN. BELLOWS FLEX》を搭載しながらも、軽量化を徹底。 フィットネスハイクに最適な、次世代ハイスペックトレッキングブーツのLIGHT & FASTバージョン。”

少し分かりにくいですが、要するに柔らかいのに丈夫でめちゃくちゃ軽いハイキングシューズという事です。

テンポフレックスはローカットミッドカットの2種類があり、カラーは各3パターン。

そのレパートリーの中で、今回はキャンプに行く時や普段使いも出来そうなローカットDark Olive/Blackのカラーを選びました。

とにかく軽い!

軽登山やハイキング用のシューズは大体ゴツくて重たいイメージが多かったのですが、このテンポフレックスは普通のスニーカーと同じかそれ以上に軽いんです。

年に数える程しか行きませんが、私が今持っている登山用の靴は26cmのサイズで片足約598gの重さです。

それに比べてテンポフレックスは同じ26cmで片足381gという驚きの軽さを実現しています。

一時期は某有名メーカーのアウトドアブーツを履いていた事もあるのですが、今考えるとよくあんな重たい物を履いて歩いていたなと思います。

ただ、その軽さと引き換えに、本格的な登山をしようと思った時には、この靴では少し物足りないかもしれませんね。

登山用のオシャレな靴ではなく、オシャレで登山も出来る靴だね!

 

伸縮性に優れた《KEEN.BELLOWS FLEX》

靴の甲の部分には伸び縮みする蛇腹構造の《KEEN.BELLOWS FLEX》という技術が使われていて、歩く時に窮屈さを感じにくくなっています。

一番ストレスがかかりそうな部分なので耐久性が気になる所ですが、この部分は長期間使ってみた後にまた追記してみたいと思います。

防水透湿素材の《KEEN.DRY》

KEENが独自に開発した《KEEN.DRY》は高い透湿性を持っています。

完全防水でありながらも蒸れにくく、足を入れる部分を越える程水の中に入らなければ、川などに長い時間浸かっていてもまず靴下が濡れてしまうような事はありません。

甲の部分は伸縮性がある生地が使用されている為、スニーカーのような感覚で違和感なく履く事ができます。

アウトソール(裏側)

アウトソールは地面をとらえる突起の間隔が少し広いような気がしますが、そのお陰で靴底が曲がり易くなっています。

突起は多方向に向かっている為、グリップ力には期待出来そうです。

靴底は結構厚さがあるので、地面の凸凹や砂利を感じる事はありませんね。

中敷き

靴の中にはクッション性が高い樹脂製の中敷きが敷いてあります。

KEENのイメージカラーである黒と黄色がメインで、野暮ったくなりがちな登山靴のアクセントになっていますね。

スポンサーリンク

KEENを履いてフィールドへ飛び出そう!

登山道

アウトソールが分厚いと普段履いているスニーカーと比べて重心が高くなるので、不安定になるのではないかと思いましたが、裏面の突起が地面をしっかりと掴みます。

さらに、厚いアウトソールのお陰で地面の凸凹を感じる事なく軽快に歩けます。

 

《KEEN.BELLOWS FLEX》の蛇腹構造のお陰で、足を踏み出す時にも靴や足の甲に変なストレスはかかりません。

 

水辺

完全防水と謳われていれば、その性能を試してみたくなりますよね!

おそるおそる川の浅い部分に靴を付けてみます。

まあ、このくらいであれば普通のスニーカーでもあまり濡れる事はないでしょう。

少し大胆に流れの早い所へ足をつけてみると、つま先に水はかかってきますが、まだまだ大丈夫そうです。

 

さらに思い切ってつま先を川の中に浸けても、川の水の冷たさは感じるものの、内部に水がしみ込んでくる様子はありません。

 

そのまま気を良くして、調子に乗ってぐんぐん川を歩いていたら勢い余って足を滑らせてヒモの結び目くらいまでボチャンと浸かってしまいましたが、やはりセーフ。

くつと足首の間まで水につからなければ靴下が濡れる事はなさそうですね。

キャンプ場

今回は川キャンプへ来ましたが、キレイな緑の芝生広場にもマッチするデザインです。

川遊びをしている時以外はテンポフレックスをはいていたのですが、鬼ごっこやとんぼを捕まえたりと、6才の息子に一日中引きずり回されて楽しく遊んだにも関わらず、不思議と足の疲れはありません。

テンポフレックスの特徴でもある軽さと履きやすさのお陰で、普通の登山靴やハイキングシューズよりも疲労感を感じにくいのではないかと思います。

早朝に夜露でびちょびちょになった芝生を歩く時にも防水加工のお陰でかなり助かりました。

今回はキャンプでの使用で、テントへの出入りが多くなる事を想定して、ローカットを選びましたが、軽登山をメインに考えるのであれば足首の部分がしっかりしているミッドカットの方が良いかもしれませんね。

それでは早速恒例の防水チェックに行きたいと思います。

川底には石がゴロゴロしていますが、靴底が滑るような感じはありません。

滝の近くにいっても、足首は水しぶきで濡れていますが、先程と同じように靴の中にも全く滲みこむ様子はありませんでした。

ドボン

あまりにも濡れないのでヤケクソです。

思いっきり水の中に沈めてみましたが、ダメです。全く濡れる気配がありません。

ここまでくると、もはやスニーカーのふりをした長靴といっても過言ではありませんね。(褒め言葉です)

スポンサーリンク

KEENのテンポフレックスはアウトドアにおすすめ!

今回ハイキングやキャンプで実際に使用した感想としては、オシャレでアウトドアに特化したスニーカーといった印象を受けました。

今回一番困った点としては取扱っている実店舗が少なかった所です。

時期的な物や地方住みといった所もあるかもしれませんが、サンダルを扱っている店舗は沢山あったのですが、それ以外の商品は数える程しか置いていなかったので、サイズ感をチェックするのに苦労しました。

良かった点

■デザインがよい
■完全防水
■防水なのにあまり蒸れない
■軽い
■とても歩きやすい

気になる点

■ローカットは本格的な登山には不向き
■実店舗での扱いが少ない

 

ハイキングシューズとしては文句なしの快適さと防水性を兼ね備えているテンポフレックスはハイキングやキャンプといったアウトドア で大活躍でした!

本格的な登山靴はちょっと・・といった方はオシャレで気軽に普段使いもできるテンポフレックスはオススメですよ~!

以上、えびかにでした。

 

気になる方はこちらの公式オンラインショップでお得なクーポンも貰えます

軽量高機能ハイカースニーカーTEMPO FLEX WP
屈曲性に優れた最新テクノロジー〈KEEN.BELLOWS FLEX〉を甲屈曲部に搭載した最新ハイカースニーカー。最新技術を採用しながらも、軽さを実現したハイパフォーマンスな一足。

今回ご紹介したハイキングシューズ。

スポンサーリンク
ギア紹介
follow me//
〜えびかにの泥沼キャンプブログ〜【in広島】

コメント

タイトルとURLをコピーしました