【BITE STAKE(バイトステーク)】男心をくすぐる造形美と機能性を兼ね備えた今までにない形の新しい鍛造ペグ!

こんにちは、えびかにです。

今回は2021年に新しく設立された新しいアウトドアブランド『SALTAHIKE(サルタハイク)』から発売予定のアーク型鍛造ペグ『BITE STAKE(バイトステーク)』のご紹介です。

その目を引く独特なデザインは、今までの長い方が強いというペグの概念を覆した画期的なギアとなっていて、高いデザイン性と機能性を持ち合わせています。

まだ立ち上げたばかりのブランドではありますが、第一弾となるこのペグはクラウドファンディングサイト『Makuake』での応援購入で手に入れる事が出来ます。

今回は『SALTAHIKE(サルタハイク)』様より商品サンプルをご提供頂きましたので実際の使用感も含めて、早速その魅力をご紹介していきます!

Makuake|機能面を兼ね備えた曲線美!キャンパー必見のアーク型ペグ「BITE STAKE」|Makuake(マクアケ)
デザインx機能性!アーク型鍛造ペグ「BITE STAKE」 私たちは2021年に設立予定の「SALTAHIKE」(サルタハイク)です。 「デザインでキャンプを変える」を合言葉に「次はどこにいこう?」というワクワク感を応援する、デザインと機能性が融合したギアを展開していく予定です。 そんな私たちの最初のプロダクトは鍛造...
スポンサーリンク

SALTA HIKE(サルタハイク)とは

2021年に立ち上がった兵庫県にある新しいアウトドアブランドで、「デザインでキャンプを変える」を合言葉に、ワクワク感を大事にする事をモットーに画期的なデザインの商品を展開しているブランドです。

ブランド名の由来は旅人・道案内の神様である猿田彦神(サルタヒコノカミ)から付けられており、旅の安全を祈ると共に、皆様と私たちを導いてくれるブランドになるようにとの願いが込められています。

このブランドの目指す所としては、まだ誰も見た事がない『デザインと機能性が融合したギア』を多数展開していく予定との事で、昨今のキャンプブームのトレンドとなりつつあるオシャレで実用的なギアを開発してくれそうな予感がプンプンします。

スポンサーリンク

BITE STAKE(バイトステーク)

デザインと機能性が融合したペグでその一番の特徴はアーク型(円弧)と呼ばれる今までのペグとは異なった形状です。

■ガイロープからの荷重に抵抗する為に新たに設定されたアーク型
■美しく計算されたヘッド形状
■全長約229mmのコンパクトで高い抵抗力
■保管・持ち運びを考えたスタッキング可能なデザイン

◇サイズ 全長229mm×幅8~21mm×厚み8mm
◇ヘッド部35mm×33mm
◇重量約175g
◇材料SS400・クロムメッキ

インパクトのあるデザイン

今までのペグではありそうでなかったアーク型(円弧)の鍛造ペグです。

ペグはその特性上、似たような形になる事が多いのですが、ゆるやかな弧を描いたそのデザインは

おっ!なんかこれカッコいいじゃん!

と目を引かれるデザインになっています。(私だけ?)

機能性を追求したヘッド

このちょっと変わったヘッドにも隠された秘密があります。

このヘッドのサイド部分にある赤く引いた線が実はペグを打つための打ち込みガイドになっています。

この部分を地面に対して垂直になるように打ち込むと、ペグを地面に適切な角度で打ち込む事が出来ます。

これにより誰でも簡単にガイロープに対してペグが最大の抵抗力を発揮できる打ち方が出来ます。

 

ペグの角度って意外と知らない人が多く、実際こんな形で打って半年近くキャンプをしていた友人に正しい打ち方を教えた事があります。(しかも2人)

初めてキャンプを始める方には便利かもしれませんね。

アークが生み出す高い抵抗力

ペグって基本的にガイロープ1本に対して1本ですよね?

その1本に対して適切な方向でこのペグを打てば、普通の長いペグより短くても同等の抵抗力が生まれるそうです。

こちらの画像は『SALTA HIKE(サルタハイク)』さんよりお借りした試験結果の画像です。

上記の様に、全長229mmのBITE STAKE(バイトステーク)は280mmの鍛造ペグと比べて、若干劣りますが、ほぼ同等の抜けにくさとなっています。

という事はもし同じ長さのペグであれば、このアーク型の形状が、今までのペグと比べて格段の抵抗力を持っている事が伺えます。

 

スポンサーリンク

実際の使用感は?

と、まあここまでは『SALTA HIKE(サルタハイク)』さんの情報を元に個人的な思いも含めてお話ししてきましたが、ここからは実際の使用感を見てみたいと思います。

手触り

表面は小さな凹凸がありザラザラした感触です。

かといってチクチクするような不快な感じではなく、バリ等も一切ありません。

滑らかな触り心地で、この凹凸が地面に対して摩擦力が働く事によりさらに抜けにくくなっています。(多分)

さらにひんやりとした触感とそのクールなデザインは所有欲を満たしてくれます。

打込み

なんか曲がっていて打ちにくそう…

最初にこのペグを見た時に誰もが思ったのではないでしょうか?

私も最初はそんなイメージを持っていたのですが、実際に打ってみると、普通のペグよりもぐいぐい地面に食い込んでいきます。

これはヘッドの形状が特殊な為、ハンマーの力が無駄なく伝わる構造になっているのです。

普通の形状とは違うので一番最初の打ち始めにはちょっとだけ違和感を感じましたが、打ちにくさはありませんでした。

抜きやすさ

抜く時は普通のペグと同じようにここに引っ掛けて、ぐるりと回せばすんなりと抜く事が出来ます。

比較

実際に私が持っている他メーカーの鍛造ペグ(28cm)と抜けにくさの比較してみました。

長さが違う為、ペグの打ち込みの深さを同じ長さにして、同じ力でガイロープを引っ張ってみます。

 

ほぼ同じ力をかけているのですが、赤い方のペグの方が先に傾いて来ました。

 

最後はくるんとひっくり返ってしまいましたが、最終的に軍配が上がったのはBAITE STAKE(バイトステーク)の方でした。

今回の実験では打ち込みが浅かったせいもありますが、ペグの形状が上部から見ると長方形の形になっている為、ペグに対して垂直に力がかからないと、くるんと回ってしまう事があるようです。

スポンサーリンク

BITE STAKEでオシャレサイトを目指そう!

いかがでしたか?

どうしても単調なデザインになってしまうペグですが、このBITE STAKE(バイトステーク)は色合い、質感、形状等が他のペグとは違う為、とても魅力的なギアだと感じました。

よい点

■デザインがオシャレ 
■所有欲を満たしてくれる造形美
■ヘッドの特殊形状によりハンマーの力が無駄なく伝わる

気になる点

■打つ時に慣れるまで違和感がある
■ペグの打ち込みが浅かったり、ガイロープを真っすぐ張らないとくるりと回る事がある

 

ペグは、テントやチェア等の目立ちやすい物に隠れておろそかにされやすいギアですが、悪天候の時にその威力を発揮します。

突然の強風や雷雨に遭遇した時に、付属のペグではすぐに抜けたり緩んだりする為、夜中にびしょぬれになりながら半泣きになりながら何度もペグの確認やガイロープの調整をしているキャンパーを見た事がありませんか?(私です)

そんな目に合わない為にもペグは良い物が必要だと考えており、ペグの良し悪しはキャンプでの快適さ安心感に直結します。

今まで付属のペグしか使用された事がない方はペグを購入を検討してみてはいかがでしょうか。

以上、えびかにでした。

Makuake|機能面を兼ね備えた曲線美!キャンパー必見のアーク型ペグ「BITE STAKE」|Makuake(マクアケ)
デザインx機能性!アーク型鍛造ペグ「BITE STAKE」 私たちは2021年に設立予定の「SALTAHIKE」(サルタハイク)です。 「デザインでキャンプを変える」を合言葉に「次はどこにいこう?」というワクワク感を応援する、デザインと機能性が融合したギアを展開していく予定です。 そんな私たちの最初のプロダクトは鍛造...
スポンサーリンク
ギア紹介
スポンサーリンク
follow me
〜えびかにの泥沼キャンプブログ〜【in広島】

コメント

タイトルとURLをコピーしました