【1ポールテント型ロールティッシュケース】意外と置き場所に困るティッシュをオシャレに収納できる便利グッズ!

こんにちは、えびかにです。


今回は家でもキャンプでも使えるオシャレなティッシュケースを購入したのでご紹介します。

キャンプにおけるティッシュの必要性

ギリシャ神話で言う三兄弟のといえばゼウス、ポセイドン、ハデスだが、キャンプで言う三兄弟のと言えば、ウェットティッシュ、トイレットペーパー、箱ティッシュがすぐさま頭に浮かぶ事だろう。



全知全能の神ゼウスにあたるのはやはりティッシュ界のサラブレッド、ウェットティッシュだ。テーブルや汚れた手、子供の口回りを拭く等もはやこれがないファミリーキャンプは考えられないほどの存在感だ。

f:id:h-k-d:20190926225248p:plain
出典:http://www.gibe-on.info/entry/zeus/
f:id:h-k-d:20190926225112j:plain:w150


海神ポセイドンにあたるのは水に溶けるトイレットペーパーで間違いない。無料のフリーサイト等ではトイレットペーパーが無いことも多々あり、ウェットティッシュや箱ティッシュでは水に溶けない為、モラルや環境保全の面からこれも必需品である。

f:id:h-k-d:20190926225412j:plain
出典:http://www.gibe-on.info/entry/poseidon/
f:id:h-k-d:20190926225130j:plain:w150




となると自然と残りの冥界の神ハデス箱ティッシュという事になる。これは飲み物がこぼれたり、子供の鼻をかんだり、さっと取り出せるフットワークの軽さが利点だ。

f:id:h-k-d:20190926225454j:plain
出典:http://www.gibe-on.info/entry/hades/
f:id:h-k-d:20190926225141j:plain:w150



その中でウエットティッシュは大体100均で買っても密封された筒状の入れ物に入っており、キャンプ場での美観を損ねるという事もあまりない。

しかし、その他のトイレットペーパーや箱ティッシュはそのままキャンプサイトの置いておくとかなりの生活感が出てしまう。

テントの中やボックスの中にしまっておくと、いざという時にすぐ取り出す事が出来ない。


そんなジレンマにヤキモキしていたのだが、これを見つけた事により全てが解決した。

1ポールテント型ロールティッシュケース

f:id:h-k-d:20190921220658j:plain

f:id:h-k-d:20190921220714j:plain


詳しい説明はもはや不要だろうが、一通り解説しよう。
これが袋から出した状態。

色はオレンジとブラウンの二色あるのだが、とっさの時に目立つようにオレンジをチョイス。

f:id:h-k-d:20190921220720j:plain


前面のボタンを一つ外し、左右のチャックを開けるとテントの中が見える。

このケースは上からも取り出す事が出来るが、カラビナでポール等に引っ掛けて底に空いている穴からもティッシュを出す事が出来る。中にはシリカゲルの乾燥剤も入っていた。

f:id:h-k-d:20190921220746j:plain


これが三角の頂点にあるカラビナだ。

f:id:h-k-d:20190921220754j:plain



使用方法はまず、トイレットペーパーの芯を抜き、内側からペーパーを引っ張り出す。この時外側のペーパーは剥がさない方が良いと思われる。

f:id:h-k-d:20190921220729j:plain



ペーパーを中に入れて、上に空いた穴に引っ張り出したペーパーを通す。

f:id:h-k-d:20190921220805j:plain




後はチャックを閉めれば完成。

火山の噴火のようにも見える。

f:id:h-k-d:20190921220812j:plain



同じ要領で下に空いた穴に引っ張り出したペーパーを通し、先程のカラビナを使えば何かに引っ掛けて下から出す事が出来る。

実際にはこの使い方がメインになりそうだが、子供の格好の餌食になりそうだ。

f:id:h-k-d:20190921220823j:plain


まとめ

どうしても必要なギアではないのだが、これによりサイトの景観も良くなる。トイレに行く時もなかなかトイレットペーパーを丸ごと抱えて持って行く訳にもいかないがこれを持って行けばスマートに用を足せる。

なんなら個人的にはウェットティッシュとトイレットペーパーがあれば箱ティッシュはいらないのでは?とまで思っているが、箱ティッシュで悩んでいる方は同メーカーから箱ティッシュ用も販売されている。


ティッシュ問題で悩んでいる方は一度検討してみてはどうでしょうか。


以上、えびかにでした。