【DIMA 3.0】CHROME×Panaracer(クローム×パナレーサー)から発売の新製品レビュー! 【PR】

こんにちは、えびかにです。

今回はアメリカ生まれのバッグブランド『CHROME INDUSTRIES』と日本が世界に誇る自転車用タイヤ&チューブ専門ブランド『Panaracer』がコラボして、2021年8月18日に発売されたばかりのストリートからアウトドアまでどんなシーンでも使えるシューズDIMA 3.0(ディマ 3.0)を入手したのでご紹介します!

※CHROME INDUSTRIESから商品提供して頂いてのPR記事となります。

 

スポンサーリンク

CHROME とは

1995年にアメリカのコロラド州で生まれた、バッグやサイクリングアパレル、サイクリングシューズのグローバルメーカーです。

そのシンプルかつ実用性を求めたデザインもさながら、便利で耐久性の高いギアは様々なシーンで活躍します。

さらにカスタムオーダーする事により、各パーツの中から好きなカラーを組み合わせて、世界に一つしかない自分だけのオリジナルCHROME BAGを作る事も出来ます。

CHROME x PanaracerNEW FOOTWEAR
  すべてのサイクリストよ。最強のソールで、ペダルと大地を踏みしめろ。   「サイクリストにとって理想のシューズとは?」   約200年前、ドイツ人発明家のカール・ドライスが自転車の原点となる人力二輪車を発明して以来、世界中のサイクリストたちが長きにわたってトライ&エラーを繰り返してきたこの問いに対して、2...

 

スポンサーリンク

Panaracerとは

1952年に日本で生まれた自転車業界では知らない人はいない、タイヤチューブの世界的なブランドで、シティサイクルからソーラーカーのタイヤまで多岐にわたるタイヤチューブの総合メーカーです。

その歴史は70年にも及び、常に新しい挑戦を続け、「世界初」の製品・製法を目指しています。

スポンサーリンク

DIMA 3.0(ディマ 3.0)

今回ご紹介するのは、CHROME Power PlateテクノロジーPanaracerアウトソールの技術がコラボして完成した DIMA 3.0(ディマ 3.0)

快適なライディングと歩行を可能とした、世界最高峰のバルカナイド(加硫製法)シューズです。

バルカナイド(加硫製法)とは、加硫剤(硫黄等の架橋物質)を混ぜたゴムを、釜の中でゆっくりと時間をかけて蒸気で加熱しながら加圧して作る製法で、ソールがしなやかで柔らかく、丈夫で壊れにくいシルエットを保つシューズを作る事が出来ます。

スポンサーリンク

PowerPlateテクノロジー

シューズ内部やソール構造にはCHROME FOOTWEARの強みであるPowerPlateテクノロジーを搭載しています。

■疎水性の高いアッパー
■クッション性の高いフッットボード
■防滑性能と耐久性に優れたラバー
■歩行時の安定性も高めるボードラスティング製法。

疎水性の高いアッパー

タフな1000デニールハイドロフォビックナイロンに包まれたアッパー(靴底以外の部分)は疎水性(そすいせい)が高いため、水が浸入しづらく速乾性に優れています。

※疎水性とは撥水性と親水性の間くらいの性質の素材です。

 

さらにつま先部分のラバートゥバンパーにより、前足部の保護と耐久性を実現。

一般的な傘の耐水性は10~20デニールです。

クッション性の高いフッットボード

中敷きには耐久性に優れ、クッション性の劣化も緩やかなポリウレタン製のフットベッドが使用されています。

防滑性と耐久性に優れたアウトソール

通常タイヤや靴のソール(靴底)等はグリップ力が高いほど摩耗も早いという性質を持っています。

しかし、この DIMA 3.0(ディマ 3.0) は新素材のラバーソールを使用する事により、グリップ力耐摩耗性を両立する事に成功し、極上の履き心地を実現しています。

 

歩行時の安定性も高めるボードラスティング製法

靴底全体の剛性を高めるボードが入ったボードラスティング製法により、ペダリング時の突き上げ感を軽減し、歩行時の安定性を高めます。

 

スポンサーリンク

レビュー

ここまではカタログの受け売りですが、ここからは実際に商品を触ってみて感じた事をレビューしていきます。

 

履きやすいスリッポンタイプ

靴紐で占めるタイプではなくスリッポンタイプで、この矢印の部分がゴムになっているので履きやすくなっていますが、長い間使っていると伸びてきて緩くならないか少し気になります。

色は全体的に黒っぽいので横に付いている赤いCHROMEのタグがワンポイント。

 

履きやすいヒールタブとリフレクター

靴のヒール側には履くときに便利なヒールタブが付いています。

その下には光を反射するリフレクターが付いているので、暗い夜でも安全です。

 

履き心地

履き心地はスリッポンタイプなので、全体が程よく締め付けられて、フィット感はバツグンです。

履く前に重たそうに感じられた分厚いアウトソールは意外にも全く気になりませんでした。

帰って計ってみた所、重さは片足で381gと、最近のスニーカーと比べるとやや重いですが、半日程履いて子供と遊んだり、自転車に乗ってみたりしましたが、疲れはありません。

グリップ力もコンクリートの急な坂道を登ったり下りたりしましたが、地面にぐっと吸い付いているような感覚を覚えます。

ただ、この日は暑かった事と、少し厚手の靴下を履いていた事もあるのかもしれませんが、少し熱の籠る感じがありました。

 

後におよそ20kgの荷物(息子)を積んで、自転車に乗りましたが、ぺダルに対してのグリップ力はかなり強力で、いつものスニーカーを履いてこぐ時の出だしよりも靴底が安定している為、安心感があります。

半日履いて虫捕りや野球をしたり遊びまわってたのですが、 カラーがブラックだったので、 砂埃りの汚れが目立っちゃってますね。

 

スポンサーリンク

DIMA3.0はライディングでも普段使いでも使えるシューズ!

今回、自転車や子供との遊びで半日程使ってみた感想としては、履き心地や動きやすさ、滑りにくさは噂通りでした。

特にアッパーがスニーカーより柔らかく、吸い付くような生地が足の負担をかなり軽減してくれたお陰で、靴を脱いでからの疲れもいつもより少なく感じました。

良い点

■靴紐がない為、脱ぎ履きはしやすい。
■フィット感が良く、長時間履いても疲れない。
■新素材のアウトソールはグリップ力が高い。

気になる点

■伸縮性のあるアッパーの寿命。
■通気性はイマイチ?
■黒は汚れが目立ちやすい。

CHROME x PanaracerNEW FOOTWEAR
  すべてのサイクリストよ。最強のソールで、ペダルと大地を踏みしめろ。   「サイクリストにとって理想のシューズとは?」   約200年前、ドイツ人発明家のカール・ドライスが自転車の原点となる人力二輪車を発明して以来、世界中のサイクリストたちが長きにわたってトライ&エラーを繰り返してきたこの問いに対して、2...

今回新発売のCHROME×Panaracerのコラボ商品は、クラシックデザインのCHROMEオリジナル都市型スニーカーをアップデートしたKURSK AW、MTBなどアウトドアライドでアンクルを保護するミッドライズスニーカーSOUTHSIDE 3.0、そして今回紹介させて頂いたDIMA 3.0がラインナップされているので気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
ギア紹介
スポンサーリンク
follow me
〜えびかにの泥沼キャンプブログ〜【in広島】

コメント

タイトルとURLをコピーしました