~えびかにの泥沼キャンプブログ~【in広島】

2018/10/7開設 溺愛する3歳の息子と人に優しく私に厳しいヨメとの3人家族です。キャンプを中心に日々の出来事等を綴って行きたいと思いますので宜しくお願い致します。

冬キャンプにパンダクラシックのSTDインナーは必要か考えてみた。

こんにちは、えびかにです。


とうとう念願のソロ用テントパンダクラシックを手に入れた訳だが、未だにデイキャンプで2回しか使っていない。
f:id:h-k-d:20190202213239j:plain


先日も平日休みの2連休があったのだが、ギリギリまで悩んだ末に断念した。

私が夢にまで見たソロキャンプに二の足を踏む理由は

冬は絶対寒い!


という当たり前の理由だ。まあ、冬は寒いのは分かっているのだが、その理由をいくつか説明しよう。

  1. パンダテントのフライシートの下はスカートがついていなく、かなりの隙間があり風の強い日にはそこから容赦なく入って来る。
  2. インナーテントは全面メッシュ仕様の為、その入ってきた風を防ぐ物はない。
  3. お小遣い事情のありストーブも一酸化炭素チェッカーもないし、あっても初心者の為密閉空間で火を焚くのはなんかまだ怖い。


よく使われる例えで

最低限、雨風を凌げればよい。

という言葉があるがこのままでは雨は凌げるが風は無理だ。最低を下回っている状況だ。

この状況ではそこら辺のホームをレスした人達と変わらない。

そこでこの

ほぼ蚊帳

状態のテントを冬に快適に過ごす為の策を考えた。


1:コットを買い地面からの冷気をシャットアウトする。
橋の上が凍る理論が邪魔をしてなんかイマイチコットが寒くないというのが信用出来ないので✕。


2:わが家にはマミー型が1枚、封筒型が2枚、計3枚の寝袋がある為、封筒型→マミー型→私の順で入って行き、マトリョーシカ状態で寝る。
顔が寒そうなので✕。


3:電源サイトにしか行かない。
ソロの場合お小遣いの範囲なので高規格のキャンプ場へは行けないという理由で✕。


4:そもそも冬にキャンプへ行かない。
本末転倒なので✕。


5:素直にSTDインナーを買う。
テントが¥14,904 かかっておりインナー別売でさらに¥10,584 かかるのはなんだかモヤっとするので✕



という記事を書いていたらインターホンが鳴った。

どうやら宅配便のようだ。

・・・

f:id:h-k-d:20190218075734j:plain


いや、もう何度考えても5しか選択肢はない訳ですよ。

本当は1のコットが欲しくて買う為の言い訳を考えていたのだが、本気で冬キャンの事を考えたらSTDインナー1択しかない事に気付いた。


とりあえずお待ちかねの物が来た為、考えるのを止めて開ける事にした。

ジャジャーン!

これが待ちわびたパンダクラシックSTDイン・・

f:id:h-k-d:20190219071256j:plain


あれ?


こいしゆうかさん?中身入れ間違えてませんか?

私の持っているテントは白いパンダクラシックであり、白いインナーテントをポチったはずなのだが、アマゾンの箱から飛び出して来たのは目の覚めるような赤!


真っ赤っかだ!


f:id:h-k-d:20190219195557j:plain



何度箱を見直しても、そこに写っている写真は白いインナーテントだ。軽くパニくったが気を持ち直して恐る恐る袋を開けてみた。

f:id:h-k-d:20190219195545j:plain


こいしゆうかさん。一瞬でもあなたを疑った私の両の頬を叩いて下さい。つねってもいいです。

これはパンダテントは元々赤のみの販売だったので、その時にインナーテントとして発売したから袋が赤いまま?と解釈したのだが、真実は不明だ。


まあポジティブ脳の私は

色違いだとメッシュとSTDを間違えて持って行く事がなくなりそうなのでヨシ!とした。


結果としては、現時点では

STDインナーは必要!

の方向だ。

取り敢えず、準備万端になり3月くらいにまとまった休みが取れそうなので、その時に実際の使用レビューを記事にしようと思います。

以上、えびかにでした。