◆特別読み切り『ボクの夏休み』公開中!◆

別れの時

PVアクセスランキング にほんブログ村

テントサイトへ戻ると父さん達は片付けの真っ最中だった。

『お、遅かったな。カブトムシはどうだったんだ?』

ボクは得意げに鼻の穴を膨らませながら、左手に持った虫かごを父さんの目の前にぐいっと突き出した。

『おおっ!スゴイじゃないか!カブトムシにノコギリクワガタまで採れたのか!』

『へへーん!スゴイでしょ。』

母さんも横から覗いて、

『あら、ほんとスゴイ!こんな大きいのをよく見つけたわね!』

と目をまんまるにして驚いていた。

父さんと母さんの顔を見たら、安心したのか急にお腹が空いてきたので、母さんが作ってくれたハムとチーズが入ったホットサンドと牛乳で朝食を取った。

チェアに寝そべりながら雲一つない青空を見上げていると、父さんが

『もうそろそろ帰らなきゃいけないんだが、どうだ、キャンプは楽しかったか?』

と尋ねて来たので、一昨日の夜とは比べ物にならないテンションで

『うんっっ!!!また行きたい』

と元気よく答えた。

片付けも殆ど終わり、荷物でパンパンになった車の足元に虫かごを置いて、帰りの準備は整った。

ボクはお別れの挨拶を済ます為に、コージ達のサイトへ向かった。

『コージ、色々ありがとう!また、夏休みが終わったら学校でね!』

『うん、またね!今回のキャンプはオレもすっごく楽しかったよ!』

『じゃあ、またね!』

『うん、またね~!』

少し後ろ髪を引かれながらコージとの別れを済ませ、車に乗り込む前に振り向くと、遠く向こうの方に見えるコージとお父さんの会話が微かに聞こえた。

『あれ?コージ、そういえばナイフはどうしたんだ?』

『森の中でなくしちゃった!』

『あんなに大事にしていたのに・・しょうがないなぁ、じゃあまた今度買いに行かなきゃな。』

エピローグ

follow me//
〜えびかにの泥沼キャンプブログ〜【in広島】
タイトルとURLをコピーしました