◆広島県のキャンプ場リストはこちら◆

カレーだった

『おっ!遅かったな、そろそろ晩ごはんが出来るぞ!今日はなんとカレーだ!』

朝の準備の時点で薄々感づいていた晩ごはんのメニューだったが、そこは父さんの顔を立て、びっくりしたフリをしてあげた。

辺りはすっかり暗くなり、ランタンが照らし出す幻想的な景色の中であちこちから聞こえる楽しそうな会話。

その中で、普段料理をしない父さんが作ったカレーは今まで食べたどのカレーよりも美味しかった。

そしてさっきのコージと出会った事や、この後一緒に焚火をしようと約束した事を父さんに話すと快く了解してくれた。

『うちのサイトでやろう。ごはんを食べ終わったらコージくんを呼んで来ていいぞ!』

それを聞いた母さんは、おつまみの準備を始めた。

晩ごはんのカレーを食べ終わったボクがコージを呼びに行くと、ちょうど晩ごはんを食べ終わった所だった。

『コージ!父さんがウチで焚火しようって言ってるよ!』

するとお父さんがニコニコしながら

『ありがとう。さっきはコージと遊んでくれたんだね。私達も挨拶をしに行かないといけないね。』

と言いながら持っていた缶ビールを飲み干した。

ボクはコージ達を連れてうちのサイトへと案内した。

『こんばんは、昼間はうちのコージがお世話になったそうで…』

『いえいえ、こちらこそ遊んでもらって助かりました。ささ、こちらへどうぞ!』

大人達は焚火の前でお酒を飲みながら、キャンプ談議に花を咲かせている。

ボク達はその横で、拾ってきた薪をどっちが上手くナイフで削れるか競い合ったり、マシュマロを焼いたりしていた。

コージはお父さんとよくキャンプに行っているらしく、薪の割り方やナイフの使い方、火のおこし方等、色んな事を教えてくれた。

ボクの知らない世界をいっぱい知っているコージはボクの目にとてもカッコ良く映り、同い年なのに不思議と尊敬の念さえ持ち始めていた。

夜も更け大人達は焚火の片付けを始め、楽しかった焚火の時間は終わり、テントへ戻って寝る事になった。

『おやすみー』

テントへ向かうコージ達に手を振っていると、コージが突然振り向いた。

『明日は早起きしてカブトムシを採りに行こうぜ!』

と言ったので、すぐさま

『うん!行く行くっっ!』

と返事をした。

『オッケー!じゃあ明日6時頃に起こしにくる!』

と言いながらニコッと笑い、コージは駆け足で走り去っていった。

翌朝

follow me//
〜えびかにの泥沼キャンプブログ〜【in広島】
タイトルとURLをコピーしました